Industriële automatisering

自動化

製造業に携わる企業に対する要件がより厳しさを増すとともに、柔軟な生産プロセスが求められています。これに対応するソリューションは、生産の自動化です。自動化のスペシャリストであるKUKAが今現在および将来の課題に最適な対応が行えるように皆様をサポートいたします。

生産に求められる厳しい要件

グローバル化およびデジタル化が急速に進むとともに、製造業に携わる企業に求められる要件がさらに厳しさを増しています。さらに加速化する新製品および製品種類の市場導入に伴い、インターネットで簡単に製品を比較することができる今、顧客の製品に求める期待もさらに高まる傾向にあります。

こうした要件を満たすため、メーカーは製品の多様性を確保するとともに、変動する生産バッチ数にも対応しなければなりません。さらに、専門作業者の人材不足、人件費の上昇、 労働安全衛生規制の強化などの要因により、企業に対する圧力がますます高まっています。このため、製造業 に携わる企業には柔軟な製造システムが必要であり、これに対応するために最も重要となるのが生産の自動化です。

自動化とは、機械および最新技術を導入して、製造プロセスの向上を図ることです。製造業においてロボットベースの自動化分野のスペシャリストであるKUKAは、スピード、柔軟性、収益性、付加価値に求められる厳しい要件に対応できるよう皆様をサポートいたします。

実際の生産と仮想の生産

さらにDevice Insight社など、 スタートアップ企業との提携により、KUKAは独自の知識を補完しています。

ミュンヘンを拠点とするこの企業は、ネットワーク化した生産システムのIoTプラットフォーム技術を専門とする企業です。この企業は、Industrial Internet of Things (IIoT)領域の幅広い製品ポートフォリオを構築するため、KUKAの専門知識を最適に補完しています。

カスタマイズされた分野別ソリューション

KUKAの製品およびソフトウェアは、自動車産業、電子産業、金属産業といったさまざまな分野に導入されています。ソリューションデータベースのサクセスストーリーで弊社が提供する自動化ソリューションをご覧いただき、弊社の専門知識でデジタル化への変動の課題にどのように対応できるかご紹介いたします。

電子産業における例: 高度な繊細さが求められる分野での自動化

電子産業分野には、自動化ソリューションが飛躍的な成果をもたらした事例が多数挙げられます。製品のライフサイクルはますます短縮されており、今日のトレンドは明日には既に求められなくなっています。これと同時に、ほぼすべての国で人件費および品質に対する要件が上昇しています。

このビデオでは、電子産業分野におけるKUKAの計画および製品について自動化スペシャリストがご紹介いたします。

ready2_use: 柔軟な生産を実現する既製自動化ソリューション

企業における自動化要件は、主に具体的な生産所要により既に明確化されています。ここでは、既存の生産プロセスに素早く簡単に統合できるシンプルな自動化ソリューションが求められます。この場合、企業の規模に関わらず、弊社のready2_useパッケージが最適な能力を発揮します。

あらかじめ構成され、相互に適合されたこのアプリケーションパッケージ は、素早く生産ユニットにつなげることができます。マイクロボルトの締付けから、統合型安全防爆装置の塗装、複雑なプログラミングを必要としないロボットの学習に至るまで、弊社の製品ポートフォリオready2_useソリューションは、幅広い用途範囲に適用が可能で、絶え間なく拡張されています。

KUKA ready2_pilotは、ロボットの実装を実に簡単に実現します。このビデオでは、複雑なプログラミングを行うことなく、ロボットを簡単に学習させる方法をご紹介いたします。

ヒューマン・ロボット・コラボレーションによるまったく新しい自動化コンセプト

ヒューマン・ロボット・コラボレーション (HRC)は、まったく新しいコンセプトの自動化で、人と機械が協力して作業を行います。この場合、人が生産を管理および監視し、LBR iiwaといったコラボレーションロボットが人間の心身には不向きな作業を担います。そしてこのロボットのセンシティブな能力により、人のすぐそばで作業を行い、人とともに協力して作業を行うことができます。

これにより、企業は求められる労働安全衛生要件を満たし、作業者は学習能力、感性、創造力などが求められる人に適した作業を遂行することができます。

Industriële automatisering
両者の協力:ヒューマン・ロボット・コラボレーションにより、まったく新しい自動化コンセプトが実現しました。

一歩先を進んだ自動化: 「industrial intelligence 4.0_beyond automation」

生産がますます自動化され、従業員と機械の協働連携が進むにつれて、労働環境は根本的に変わっていくことになります。また、将来においても生産工場では人が最も重要な役割を果たすこととなります。ロボットが人の代わりを果たすのではなく、人の能力を補う役割を担います。このため、特に機械工学とITを結ぶインターフェースにおいて新たな課題分野や職種が誕生します。

KUKAは、Industrie 4.0 made in Germanyを支援しています。「iintelligence 4.0_beyond automation」は、スマートな自動化ソリューションをグローバルな規模で多様な分野に実装し、さらなる開発を促進するための弊社のモットーです。弊社はクライアントの皆様とともに、機械による貴重な労働力の支援を行い、生産性の向上により労働環境を守り、生産効率性および柔軟性を強化していくことを目指します。


弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意