ヒューマン・ロボット・コラボレーション(HRC)

ヒューマン・ロボット・コラボレーションにおいては、人間と機械が協力して共同作業を行います。人間が生産を制御・監視し、ロボットが体に負担のかかる作業を引き受けます。両者がそれぞれ特別な能力を活かすこと、それがIndustrie 4.0の重要な原則です。

ヒューマン・ロボット・コラボレーション:テクノロジー

ヒューマン・ロボット・コラボレーションの場合、ロボットが人間をアシストします。それはすなわち、機械が人にとって代わるのではなく、機械の能力を付加して、人にとって負担の大きい作業を引き受けるということです。それは例えば頭上の作業や重量物を持ち上げることなどです。生産作業場への物の搬送においても自律した協力的なロボットが使用されます。KUKA社自身がその一例です

未来の工場においては自動化された作業場と手動の作業場の区別がありません。人とロボットは、区分けも保護フェンスもなく、協力し合って最適な共同作業をします。

HRC対応のLBR iiwaは人と協力して共同作業を行います。

LBR iiwaを使ったHRC

KUKAはヒューマン・ロボット・コラボレーション用に認可された初のロボットを開発しました。それがKUKA LBR iiwaです。インテリジェントな制御技術、ハイパフォーマンスのセンサー、そして最先端のソフトウェア技術を搭載し、生産技術に全く新しい協調的なソリューションをもたらします。これにより、これまで手作業で行われていた難しい作業も経済的に自動化することができます。

HRC対応のLBR iiwaのようなロボットは、KUKA flexFellowなどの移動型プラットフォームの使用によって、場所やタスクに関してフレキシブルになります。このため、このようなロボットは、例えば必要な生産数に応じて、生産の需要に合った場所と目的に個別に対応することができます。さらに、LBR iiwaはいわゆる偶発的オートメーション化によって最大限のフレキシビリティを提供します。このロボットは生産において繁忙期やリソース不足時のアシスタントとして最適にサポートします。 

動画:BMW社ディンゴルフィング工場で同僚ロボットと隣り合わせに

応用のHRCはまだ新しい分野ですが、KUKAはこの分野ですでに実践経験を集め、リアルなソリューションを実現することができました。例えばディンゴルフィングのBMW社では、フロントアクスルドライブ用の重いベベルギヤを以前は作業員だけで持ち上げ、接合しなければならなかったところを、今日では作業員が高感度ロボットLBR iiwaと一緒に、非常に狭い空間で協力して、慣れた環境の中で保護フェンスなしで作業しています。

HRCの実用例:BMW社ディンゴルフィング工場でLBR iiwaと共同作業中の女性作業員。

 HRCに関するユーザーレポートの一覧をこちらからご覧いただけます。

ヒューマン・ロボット・コラボレーション:メリット

ヒューマン・ロボット・コラボレーションは、未来の工場の工業生産・製造を変革し、決定的なメリットをもたらします:

  • 生産における最大のフレキシビリティ
  • これまで自動化されていなかった、人間の体に負担となる手作業工程をロボットが担うことによる作業員の負担軽減
  • 例えば特別なHRCグリッパーによる、負傷や感染の危険の減少
  • 再現可能なプロセスの質の高い実行 – タイプ特有あるいは部品関連の投資が不要
  • 内蔵されたセンサーによる生産性向上および設備の複雑性上昇

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意