企業研究

KUKAは長年にわたり、技術リーダーとしてロボティクスの未来を形にしてきました。精密な協働用ロボットから、モバイルロボティクス、そしてインダストリー4.0まで、ドイツ・アウグスブルクを拠点とした当社独自の研究は、製造とサービスロボットにおけるイノベーションのための技術的な基盤を積み上げています。メカトロニクス、オペレーター制御&プログラミング、自律性、スマートデータといった分野の開発は、今後の製品とソリューションにとって重要な構成要素になると見られています。これらの開発に必要な校正条件を、KUKAのイノベーションマネジメント・チームが提供します。 

直観的操作とプログラミング

ロボットシステムは極めて複雑ですが、製造現場ではすぐに使えなければなりません。

お客様やパートナーができるだけ早く仕組みに慣れるように当社の研究部門が開発したのは、簡単かつ効果的・効率的な操作とプログラミングを行うための新たなコンセプトと装置です。

KUKAでは複雑なロボットのシステムを簡単に操作できるよう、革新的なコンセプトと装置を開発してきました。

アルゴリズム、センサー、ジオメトリ

現在のロボットシステムは、ごく一般的な環境でプリセットされた自動タスクをこなします。

未来のロボットは更に自律し、知的な作業をこなせるようになります。当社は新たなアルゴリズムを開発し、画像技術や距離測定センサーを組み込み、継続的に環境の幾何モデルを作り上げています。

アルゴリズム、センサー、そしてジオメトリーは、当社のロボットシステムを、よりスマートかつ自律的にしてくれるものです。

メカトロニクス、安全性、エネルギー効率

当社のロボットが高性能になれば、エネルギーの節約になり、コスト削減にもなります。だからこそ当社では資源を無駄にしない技術の開発を進め、新素材や新たな駆動コンセプトを追及しているのです。

これからの工場は、狭いスペースで人と移動型/固定型ロボットが一緒に作業を行うようになります。こうしたロボットに対して、当社は安全のためのコンセプトと技術全体を更に開発してまいります。 

安全のためのコンセプトと技術は、人とロボットの協働における効率の向上を支えてくれます。

スマートデータとインフラ

大量データの検出と分析を行うための最新技術を用いれば、ロボットを効率的に扱い、それぞれの用途にぴったりとマッチさせることができます。そのため、当社ではスマートデータとインフラの研究に投資を行っています。

ここで開発したシステムアーキテクチャと技術を使って製造工程でシミュレーションを行い、装置をバーチャルに稼働させています。このようにして、インダストリー4.0の継続開発を進めています。

スマートデータとインフラは、インテリジェントネットワークや通信の他、自律型、データ駆動型の判断プロセスを可能にしてくれます。

デモンストレーターとネットワーク化

技術開発とデモンストレーターを統合すれば、お客様の目線で評価とベンチマーキングができるようになります。共同プロジェクトや測定、共同作業を通じてコミュニティとの緊密な連携を行うことで、当社に関連のある分野での研究に貢献し、産業界におけるリーダーシップを担っています。
有意義で調整の行き届いた研究活動をサポートしてくれるのが、経済的支援プロジェクト、デモンストレーター、そしてネットワーク化です。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意