積層製造および工業用3Dプリンティング

KUKAロボットに適用される3Dプリンティングプロセス – 多種多様な素材から、精密で軽量でコスト効率の良い部品の設計と製造における前例のない、又可能性のある強力な組み合わせ。

積層製造とは何ですか?それはどのように機能しますか?

3Dプリンティングとしても知られている積層製造では、様々なサイズ、形状および構造の成分が、溶融性材料をデジタル設計データに従って層ごとに塗布することによって製造される。3Dプリンティングプロセス – レーザー溶融法(SLM)、熱溶融樹脂法(FDM)、バインダージェッティングなど、迅速に、正確で安価なワークピースまたは小ロットのプロトタイプを作成することができます

着陸フラップ、エンジンウォーターボックスまたは船舶プロペラ:自動化3Dプリンティングの大判コンポーネント

丈夫、軽量、そしてなりよりも大きい:これらは、航空機、自動車、船舶または建物のコンポーネントの主要な特性です。産業用3Dプリンティングは、このような大判フォーマットの理想的な製作プロセスであることがわかります。広大な範囲のリーチのロボットユニットにより、メートルの大きさであっても、同時に非常に複雑なコンポーネントを安価に複雑さを伴わずに一品で生産することができます – それは KUKAロボットの精度と速度のもとで実行されます。
  • 航空宇宙産業

    軽量、又同時に非常に頑丈です。積層製造の多様な可能性は、航空宇宙産業の特殊な要求に理想的です。

  • 自動車産業

    より効率的な自動車生産のためのオンデマンド印刷:現地で、又必要に応じた印刷されたパーツにより、長いサプライチェーンとロジスティクスの手間を防ぎます。

  • 建設業

    贅沢なデザインと並外れた構造:自動化された3Dプリンティングプロセスにより、基本設計概念の新しい可能性が開かれます。

  • 造船

    スペアパーツはいつでも入手可能です:3Dプリンティングプロセスでは古いコンポーネントが生成されるため、修理に関連する出荷遅延のリスクが最小限に抑えられます。

KUKAによる積層製造:実証済みのロボット技術が革新的なプロセスに対応

KUKAロボットはシステムパートナーであるBranch Technologyが3D印刷されたパビリオンを製造するために使用します。

KUKAが積層製造の課題に最適に対応

長年にわたる金属およびプラスチック業界の経験、レーザーアプリケーションの専門知識、産業用ロボットからリニアユニットまでの包括的な製品ポートフォリオ – KUKAは、産業用3D印刷プロセスの最適な結果を得るための最も重要な要件を満たしています。

高精度に加え最長リーチ:KUKAロボットであらゆる印刷プロジェクトを実装する

単一のプリントから作成された最長30メートルまでの部品: KUKAのシェルフマウント型ロボットとリニアユニットは、3Dプリンティングの空間的可能性を大幅に拡大し、産業生産の新しい道を創り出します。レーザ溶着溶接の分野で高い能力を発揮し、KR Quantec extra などの高精度ロボットを使用することで、正確なプロセスが保証され、最良の品質が保証されます。

システムパートナーのAddereでは、KUKAのシェルフマウント型ロボットで新たなレベルでの積層製造を行っています。

アルミニウムからチタンへの3D金属プリンティング:溶融金属から全く新しいものを創造する

システムパートナーであるMidwest Engineered Systemsでは、KUKAロボットが金属を用いた積層製造の新しい応用分野を実証しています。

様々なプラスチックの最適な使用:サポート構造

様々なプラスチックの巧妙な取り扱いにより、非常に複雑な、または繊細な構造も可能です: 必要であれば、例えば 水溶性プラスチックから作られたものは、具体的に組み合わされた材料を用いて製造することができ、その上に実際の建築材料が塗布される。印刷後、支持構造を容易に取り除くことができる。残存した物は、ご所望の仕様と需要に正確な品です。
プラスチックは、長年にわたってKUKAの中核的能力の1つです。

KUKAソフトウェアを使用すると、完成品をすばやく簡単に作成できます:3D CADデータからの直接3Dプリンティング

KUKAは、ロボット製品の幅広い製品ポートフォリオに加え、完全にマッチしたソフトウェアソリューションを提供しています。CAMスライサーは、システムソフトウェアKUKA.CNC の印刷ジョブの基礎となるCADデータパッケージからGコードを生成します。このように、CAD-CAMチェーン全体は単一源で行われ、迂回することなく目的の製品が作成されます。

  • CAD データ

    印刷される部分のデジタル3D CADデータが基礎として作成される。

  • CAMスライサー 

    CAMスライサは、所望部品の構築のために利用可能なCADデータからGコードを生成する。
  • KUKA.CNC

    生成されたGコードを使用すると、印刷ジョブをKUKA.CNCシステムソフトウェアでプログラミングして開始することができます。

Siemens NX: 無料のCADテストライセンス

設計開発、建設、生産をデジタルCADに変換する予定はございますか?Siemens NXを使用して最新のCADソフトウェアを1ヶ月間テストするユニークな機会を是非ご利用ください。

無料トライアルライセンスのお申し込みはこちらから

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意