摩擦撹拌接合

摩擦撹拌接合(英語:Friction Stir Welding、FSW)は、低融点の非鉄金属の接合に特に適しています。さらに、固相接合法を用いてアルミニウムとスチールなどの異材接合も可能にします。

摩擦撹拌接合:技術

摩擦撹拌接合では、回転するピンがワークの接触面の間に沿って移動します。その摩擦熱によって素材が可塑化し、互いに溶接されます。

その方法は特に、低融点の非鉄金属の接合や混合接合において、高い経済性を発揮します。摩擦撹拌接合によってアルミニウム、マグネシウム、銅、チタン、あるいはスチールのような溶接の難しい、あるいは異なる材質どうしの接合が可能となります。

この技術は様々な分野で活用されています。その応用の幅広さについては、自動車産業航空産業、そして電子産業の事例をご覧ください。

自動化された摩擦撹拌接合 

高速列車用サイドパネルからロケット部品、パワーエレクトロニクスの冷却システムまで、KUKAはどのような用途にも対応するロボットによる摩擦撹拌接合ソリューションを提供します。KUKAのお客様は、以下から最適なものをお選びいただけます。

  • 複雑な3D溶接継ぎ目を実現するロボットベースのソリューション
  • 2Dの、厚さのある非鉄金属のワークに適し、スケーリング可能な高い剛性をもつポータルシステム

さらに、弊社のコントローラを用いることで インダストリー 4.0にも対応できます。KUKA PCD (プロセスコントロールおよびドキュメンテーション)はすべてのプロセスデータを記録保管し、それにより、クラウドシステム等の分析も可能にします。 

摩擦撹拌接合:利点

摩擦撹拌接合にはその特徴により、以下の利点があります。

  • グリーンテクノロジー:エネルギー消費は低く、化学物質を使う前処理を必要としない、煙やガスを排出しないプロセスにより、摩擦撹拌接合は環境にやさしい工程となっています。
  • 機械的な溶接プロセス:溶接方法が接合部品の融点を下回るため、溶接の継ぎ目は高品質で耐久性もあります。穴やひびの発生を防止します。
  • すべてを一社で提供:KUKAでは、溶接試験による実現可能性やプロセスの調査、ツールの選択から、パラメータの最適化、構想設計、製造、装置の配送まで、摩擦撹拌接合に関するサービスを包括的に提供します。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意