KUKA @ 第2回ロボデックス

KUKAロボティクスジャパンは、2018年1月17日(水)~19日(金)に東京ビッグサイト西ホールで開催される第2回ロボデックスに出展します。IoT化がますます進む産業界に向け、ロボットを利用した工場の自動化をより簡単に、より身近に導入していただける様、スマートファクトリーに最適な協働ロボットの「LBR iiwa」や新しいロボットパッケージ「ready2_use」といったKUKAならではのアプリケーションのご紹介をします。

LBR iiwa:人協調型アシスタントロボッ ト

LBR iiwaは人と協調するためにデザインされ、人協調型ロボット(HRC:ヒューマン・ロボット・コラボレーション)として認可された世界初のロボットです。7軸構造のこのロボットは自由度が高く、人間の腕に近い動作が可能となります。全軸に超高感度のトルクセンサ―を搭載しているため、安全性はもちろんのこと高感度な力制御を必要とするアプリケーションに採用可能な高機能ロボットです。
KUKA人協調型高感度ロボット「LBRiiwa」

ready2_pilot

KUKAの ready2_pilot(レディー・トゥー・パイロット)は直観的に操作できるダイレクトティーチングデバイスです。このアプリケーションはこの種で世界初のワイヤレスソリューションであり、その接続性と柔軟性において高い評価を得ています。ロボットの手先に簡単に取り付けられる6Dマウスの操作で直感的にロボットを動かすことができるので、ティーチングペンダントを使ったわずらわしいティーチング作業を省くことができます。
こちらは産業界全般でご使用いただけます。特に、簡単に操作できるロボットに対して高い需要がある、自動車産業、消費材産業またはプラスチック産業 に適したソリューションです。
KUKAダイレクトティーチングデバイス「ready2_pilot」

ready2_fasten_micro

ready2_fasten_micro(レディー・トゥー・ファステン・マイクロ)は極小ネジ(M0.8~M2)のネジ締めを簡単に行うための6軸型ロボットソリューションです。Industrie 4.0へ適合できる準備が完全に整っています。特に、エレクトロニクス業界に適しており、スマートフォンやディスプレイ製造など、製造する部品がますます小型化されている業界向けのソリューションです。
KUKA極小ネジしめアプリケーション「ready2_fasten_micro」

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意