KUKA がハノーファーメッセ 2018 に登場

「iintelligence 4.0_beyond automation」:2018年4月23日から27日まで、KUKAはこのモットーのもと、ハノーファーメッセで未来のオートメーションソリューションを発表し、いくつかのワールドプレミアを行います。

#HM18 ソーシャルウォール

KUKAは知的生産の未来を示します

今年、KUKAは「iintelligence 4.0_beyond automation」というスローガンで、知的生産の次の段階を示します。その基礎となるのは、新しい技術が加わったKUKAのオートメーション専門知識です。

今年、当社は「iintelligence 4.0_beyond automation」という次の大きなステップを踏み出します。コボット、インテリジェントマシン、ロジスティックス、クラウド&コネクティビティに関連して当社の展示ブースで御挨拶できますことを楽しみにしています。

ヴィルフリート・エバーハルト、KUKA AG

ハノーファーメッセでのハイライト:スマートファクトリー

KUKAにとって2018年は記念の年です。当社は設立120周年を迎えました。この機会に、KUKAは非常に特別なものを考え出しました。当社のスマートファクトリーでは、メッセ来場者がその場でご自分のKUKA記念品を作ることができます。

スマートファクトリーはその際、KUKAがインテリジェントなオートメーションをどのように解釈しているかのを見本としてわかりやすく示します。簡単に操作できるロボットアプリケーションならびにコボットが、生産に携わる人をサポートする一方で、移動可能なロボットが製造ロボットに部品を供給します。これらのメカトロニクスのコンポーネントとデジタルプラットフォームをすべて統合するのがKUKA Connectソフトウェアであり、いつでもすべての生産情報にアクセスすることができます。

スマートファクトリーは今年もKUKA 展示ブースの中心となるでしょう

日常でのアシスタントとしてのロボット

KUKAはLBR iiwaでヒューマン・ロボット・コラボレーション(HRC)の礎を築き、現在もそのサクセスストーリーを歩み続けています。今後、ロボットは産業の領域で活躍するだけではなく、日常的に人を支えるものとして発展していきます。そのためには、プログラミング、操作、サービス用を問わず、すべてのインタフェースを簡素化する必要があります。KUKAは新しいソリューションを発表しますが、それは産業向けコボットの範囲をカバーすると同時に、産業の領域を超えているものです。ワールドプレミアをお楽しみに!

産業向けコボットでKUKAはすでに大きな成果を上げていますが、次は産業の領域を超えて視野を広げています

KUKAのグループ企業であるSwisslogは、専用のソフトウェアが倉庫内のロジスティクスプロセスを最適化する方法を実演します。

専用ソフトウェア SynQがAmazonのスマートな言語アシスタント・Alexaとどのように相互作用し、倉庫の中での日常がいかに楽になるかを体験してください。

Swisslogはメンテナンスとサービスの分野でも新たな地位を築いています。例えば、将来的にはAR拡張現実)を使用して、サービスセンターから現場の作業者にARゴーグルを用い視覚的に手順を直接送信することができるようになります。

スマートな未来を見据えて:Swisslog展示ブースでAR(拡張現実)のすばらしさを体験してください

IIoT分野における新しい製品ラインとサービス

隣の展示ブースでは、KUKAが設立した新興企業connyunが製品ラインI4_Suiteを紹介します。それに含まれるI4_Machine OptimizerとI4_Station Optimizerにより、生産管理者は設備を突然の停止から守ることができ、工場作業員が緊急の解決を模索せずに済むようになります。同じくKUKAが関与するIoT企業であるDevice Insightは、初めてスマートグラスやタブレットを使用した拡張現実の応用可能性を示します。その新しいサービスは、現場の技術者と遠隔のスペシャリストをネットワークでつなぎ、IoTプラットフォームからの設備データを現場の記録と統合します。

若手研究チーム対象のKUKA Innovation Award

拡張現実インタフェースを備えた協調型ロボットワークベンチから、ニューラルネットワークを用いた最適化されたロボット制御へ:「Real-World Interaction Challenge」をモットーに、世界中の若手研究者が、ヒューマン・ロボット・コラボレーションの分野で、KUKA Innovation Award 2018 向けにエキサイティングなコンセプトを発表しました。

5チームが決勝戦に向けて仕上げました。彼らは現在、KUKAロボットのコンセプトの実現に取り組んでいます。KUKA展示ブースでは、2018年4月26日に2万ユーロをめぐる 科学大会の優勝者を選考します。

決勝戦に向けて仕上げ済み:Innovation Award 2018の若手研究者

ハノーファーメッセ 2018 KUKA関連の日付

重要な日付のまとめ:

CEOであるDr. ティル・ロイターの記者会見
日付:2018/04/24火曜日、10時
場所:KUKA ビジネスセンター、KUKA 展示ブース直結(第 17 ホール G04)

KUKA Innovation Awardチームのデモンストレーション
日付: 毎日10時、12時、14時、16時
場所:KUKA 展示ブース(第 17 ホール G03)

KUKA Innovation Award 2018 授賞式
日付:2018年4月26日木曜日、11時
場所:KUKA 展示ブース(第 17 ホール G04)

ハノーファーメッセについて

「Integrated Industry - Connect & Collaborate」というモットーのもと、2018年4月23日から27日までハノーファーメッセが開催されます。

世界で最も重要な産業フェアは、生産プロセス(インダストリー4.0)とエネルギーシステム(Integrated Energy)のデジタル化に関するすべてのトピックのグローバルなホットスポットです。

1つの場所で5つの主要な見本市を統合します:インテグレーテッドオートメーション、モーション&ドライブ、デジタルファクトリー、エネルギー、産業用サプライ&リサーチ&テクノロジー。

今年、メキシコはハノーファーメッセでのパートナー国です。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意