KUKAロボットがマニフェストを書く

KUKAロボットは現在、展示「Hello, Robot.Design zwischen Mensch und Roboter(ロボットよ、こんにちは。人とロボットの間のデザイン)」で見られます。ヴィトラ・デザイン・ミュージアムで、ロボットが自律プロセスでマニフェストを書きます。この展示は、私たちの日常の中で大きくなっていくロボットの意味をテーマにしています。

2017年3月27日

KUKAロボットが独自に文章構造を組み合わせる

ロボットはマニフェストを書く際に、技術、哲学および文化の概念から所定の舞台装置を利用します。文章の要素を自由に組み合わせることにより、常に新しくユニークなマニフェストが生まれます。

KUKAロボットによる改まった発表の儀式


展示品「manifest」は芸術家のグループである「robotlab」が構想したものです。展示品のタイトルは、マニフェストのイタリア語の語幹に基づいた意味に由来します。そのため、ロボットグリッパー(ラテン語:Manus = 手)の動作を改まった(ラテン語:festus)発表の儀式とつなぎ合わせた言葉になっています。

ヴィトラ・デザイン・ミュージアムがロボットのブームをテーマにする


展示「Hello, Robot.Design zwischen Mensch und Roboter(ロボットよ、こんにちは。人とロボットの間のデザイン)」には、200以上の展示品があります。デザインはロボット工学において重要な役割を果たします。要するに、デザインはロボットと人の間の重要なインターフェースなのです。現在のロボット工学のブームを探るこの展示は、2017年5月14日まで行われています。

見出し語:

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意