KUKA小型ロボットが学生に最新技術を手ほどきする

KUKAロボットはヴェストファーレンの大学で学生への講義に使用されています。このロボットは、自律的にボールを防御することができます。KUKAはKUKA Educationの枠内でそのプロジェクトをサポートしています。

2017年4月20日

KUKAロボットが実践の知識を伝える

「ロボットアプリケーションの目的は、学生に最新技術を手ほどきすることです」とマルクス・リューター教授(工学博士)は話しています。彼はヴェストファーレンのゲルゼンキルヒェン大学の制御・調整技術を専門にしています。そこで使用されているタイプKR 6 R700のKUKAロボットは、ロボットアームのバーを使って、約5メートル離れた場所から投げられたボールを防御します。使用されているロボット、ロボットコントローラおよび対応するソフトウェアは、学校や大学向けの提供を行っているKUKA Educationの枠内でKUKAによって提供されたものです。
KUKAロボットはヴェストファーレンのゲルゼンキルヒェン大学の学生に最新技術を理解させています。

ライトグリッドを使用した正確な高さ計算

このアプリケーションには2つのライトグリッドが縦に並べて取り付けられていて、これらが投げられたテニスボールの速度と高さを検知します。この両方の値から、投球速度、軌道および衝突高さが計算されます。情報は「アナログ値」として伝達されます。そのために、ライトグリッドからロボットに0~10ボルトの電圧が印加されます。それぞれの電圧は特定の衝突高さに帰属しています。そのため、ロボットはどの高さで動作するべきかを把握しています。
1.Wehrt geworfen Bälle ab: KUKA Roboter an der WH Gelsenkirchen.
投げられたボールを防御:ヴェストファーレンのゲルゼンキルヒェン大学のKUKAロボット。

KUKA小型ロボットが学際領域で働く


「このロボットには最大の負荷がかけられています。最終的に、このロボットは入ってきた信号を数ミリ秒以内に処理し、適切な高さで動作しなければなりません」とリューター教授は説明しています。彼はすでにこのアプリケーションの拡張に関する計画を作成しました。これまでのところ、このロボットは空間次元でのみボールを防御しています。「次の段階では、このロボットは縦方向だけでなく横方向にも動作できるようになるはずです」とリューター教授は約束しています。遅くともそのときには、このロボットは多くのサッカーのゴールキーパーよりも確実な守りを見せることでしょう。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意