マイクロエレクトロニクスにおけるKUKAロボット

バーデン・ヴュルテンベルク州のプフォルツハイム近郊のニーフェルンに拠点を置くPossehl Electronics社では、総計25台のKUKAロボットが採用されています。そこで、ロボットは自動車の電動ステアリング用の複雑なコントロールハウジングを製造しています。 

2017年5月17日

プラントの中心では、3台のKR AGILUSが部品を射出成形機に正確に入れます。

3つのラインで産業用ロボットが0.1ミリメートルの正確さで作業する

ロボットには特殊なグリッパーが装備されています。それにより、0.1ミリメートルの正確さで射出成形機の処理と装填が可能です。もう一つのメリットは、サイクルタイムが非常に短い点です。自動車の電動ステアリング用の複雑なコントロールハウジングを製造する上では、KR AGILUSシリーズの複数の小型ロボット、1台のKR 5 arcロボット、中可搬重量用の複数のKUKAロボットが関与しています。

Possehl社は2013年から、3つの生産ラインでロボットベースのオートメーション化を導入しています。そのために、ニーフェルンでプラントおよび生産コンセプトが統一されました。生産ラインでは総計25台のKUKAロボットが模範的なピック&プレース作業を行います。特別な点は、これらの動作が正確に相互調整されていて、極めて高い精度で作業を行うことです。

25台のKUKAロボットが完璧に相互調整されて、3つの生産ラインで作業する様子を動画でご覧ください。

小型ロボットがプラントの中心にある

射出成形機の装填のための処理は、2台のタイプKR 6 R900のKUKA小型ロボットで行われます。それらの役割は、52個のプレス部品を最短時間内に0.1ミリメートルの正確さ射出成形機の中に配置することです。そこで次の加工が行われます。 


弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意