ビンテージな機械とKUKAの近代的なロボティクスとの融合

米国メーカーの M&B Hangersは、激化する世界的な価格競争に直面し、ロボティックスとファクトリーオートメーションの世界に大胆に足を踏み入れました。アラバマ州リーズにある同社の 工場では、ビンテージハンガー製造機械と先進的なKUKAロボットと組み合わせることで、驚異的な生産量250%アップと増益を達成し、M&B Hangersは米国内での生産ラインの維持が可能になりました。

KUKA KR QUANTEC PA パレタイジングロボット

オートメーションがもたらす急進的な改革

74年にわたる絶え間ないハンガー製造の歴史の中で、M&Bの古い製造プロセスに、ロボットによるオートメーションを導入することには独特の難しさがありました。Fitz-Thors Engineeringの自動化のノウハウを活用し、高精度な7台のKUKAロボットと揺るぎない伝統的M&Bのワイヤーハンガー成形機を融合するソリューションが考案されました。その結果、実績のある生産技術と、最先端のロボットだけが提供できるスピードと精度をシームレスに融合させた工場が完成しました。 
 

ロボット:より良く、より速く、より強く

以前は人が材料の取り扱いや荷役作業を担当していましたが、今では、迅速にハンガーを収集、検査、分類を行うため、4台のKUKA KR AGILUS sixxと2台のKR QUANTEC proロボットの勤勉なチームが、視覚認識システムを使用して、重量物の持ち上げと梱包作業を行っています。さらに下流のプロセスでは、KUKA KR QUANTEC PAロボットが、パレタイジングを担当するようになり、困難で危険な肉体労働から工場の従業員を解放しました。 
 
KUKA KR AGILUSロボットは、自律的にぴったり500個のハンガーを箱詰めします。

明るい未来に向けた大きなステップ

M&B Hangersは、ロボットオートメーションを巧みに使いこなすことで、以前の手動プロセスと比較して、生産時間の短縮、パッキング精度の向上、そして無駄の削減を実現しました。この大幅な改善によって、同社は、世界市場における競争力の維持ビジネスの拡大作業員の増員、米国アラバマ州の既存工場における生産の継続が可能になりました。このようにして達成された大きな利益を考慮すれば、現在M&B Hangersで稼動中の7台のKUKAロボットでロボット導入が終わることは恐らくないでしょう。 
KUKAの革新的なロボットソリューションは、この家族経営の工場が、世界の激しい競争を勝ち抜くのを支援します。

見出し語:

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意