KUKA小型ロボットが寸法に応じた引渡しを可能にする

KR AGILUSシリーズのKUKA KR 6 R900 sixxは、南ドイツの自動車メーカーで、ワイヤーバスケットから未分類のクラッチディスクを正確に取り出し、次の加工のためにホーニング盤に引き渡します。これにより、3Dビジョンセンサーによる座標移送が可能になります。

3D位置検出とサイクルで納得させる

その際に使用されるHBi Robotics GmbHの3Dシミュレーションソフトウェアが柔軟性を発揮します。3D位置検出による動作プロセスの正確な監視によって、前もって干渉する形状が検知されます。さらに、これは複雑なオートメーションシステムのサイクルタイムの正確な特定に貢献することができます。
KUKA小型ロボットは未整理のクラッチディスクを掴みます。
3Dシミュレーションソフトウェア:KUKA小型ロボットがクラッチディスクを分類する

KUKA小型ロボットはフレキシブルに使用可能

このソリューションは2017年春から、クラッチディスクが均等かつ正確に置かれるようにしています。製品が出てくるときに、システムをそれに応じて簡単にプログラミング変更することができます。これに関しては、他の工作機械での使用も可能です。


これらの特性は自動車産業のお客様にご納得いただけたため、他のオートメーション化ソリューションがすでに計画されています。

Harald Bader、HBi Robotics GmbH社長

見出し語:

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意