Grind Master社がKUKAロボットで鋳造工場を変革

金属仕上げおよびバリ取り機の世界的リーダーであるGrind Master社は、2016年1月からKUKAのインテグレーターになりました。そのポートフォリオにあるKR AGILUSシリーズの小型ロボットは、ダイカストアルミニウムのコンポーネントを高い一貫性と品質でデフラッシュします。このソリューションはコスト全体を下げながら、生産性と品質を高めました。

2017年6月22日

2016年1月に、アウランガーバードに拠点を置く金属機械会社であるGrind Masterは、インテグレーターとしてそのポートフォリオにKUKAロボットを導入しました。小型ロボットKR AGILUS sixxは、自動車、スクーターおよびモーターサイクルにおけるダイカストアルミニウムのコンポーネント、特に可視クラスAの部品をデフラッシュする用途で使用されます。そこでは、それらの部品に対する非常に高い一貫性の要求を満たすために、高品質の仕上げが必要とされます。
KR AGILUSがダイカストアルミニウムのコンポーネントをデフラッシュ

KUKAロボットが優れた品質の一貫性を提供

以前は、デフラッシュを行う店舗は主に随時の手作業に依存していました。しかし、温度、噴煙や埃、そして高い品質要求によって変化の必要が生じました。このロボットソリューションは、多数のコンポーネントの種類、頻繁なモデルのアップグレード、そして形状の複雑性に対応するのに必要な柔軟性のために、リニアポータル全体に選択されました。アルミニウムコンポーネントでの結果として得られる品質の一貫性は、求められるGrind Master社の基準を上回っています:「ロボットによるデフラッシュとは鋳造工場とそこで働く人の活動の変革です。それは、危険がなく、安全で衛生的な作業環境を生み、高品質の部品を納入し、世界的な製造規範に従うことによるものです。最初の2台のデフラッシングロボットの成果を見て、私たちはこの作業用のロボットで鋳造工場全体のオートメーション化を進めたいと考えています。」とSameer Kelkar氏は話しています。
Grind Master社でのKR AGILUS

見出し語:

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意