KUKAはKR AGILUSシリーズを改良しています

高速性、極めて狭い空間での優れた操作性、短いサイクルタイム、そして最高の精度にご納得いただける製品、それがKR AGILUSシリーズの小型ロボットです。今回、KUKAは定評あるKR AGILUS sixxを改良しました。年末には、次世代のKR AGILUSが小型ロボットの全標準バリエーションと交代します。

2017年9月5日

外観:可搬重量6 kgまたは10 kgの新世代のKR AGILUS小型ロボット。

保護等級IP67の新世代のKR AGILUS

新しいKR AGILUSのロボットはすべて、保護等級IP67に準拠しているため、水はねに対して保護されています。潤滑剤や冷却剤を使う用途向けに、今後もウォータープルーフ(WP)仕様の特別バリエーションが提供されます。クリーンルーム、Atex防爆(爆発性雰囲気用)、衛生機械などの他のバリエーションも引き続き入手可能です。

ロボットの新しいスタンダードカラーになったホワイト

すでにKR 3 AGILUSでそうであるように、新しいKR AGILUSもホワイトのカラーで納品されます。今後もお客様のご希望に応じて、他のカラーでもご用意できます。ホワイトはロボットの主要なターゲット市場の生産環境に最も良く合います。その市場はアジアのエレクトロニクス産業です。今後もこの小型ロボットは、世界中で一般産業(GI)のすべてのお客様に気に入っていただけることでしょう。それは、その高速性と精度がご納得いただけるものであるからです。

可搬重量6 kgまたは10 kgの小型ロボット

KR 3 AGILUSの大型バージョンである新しいKR AGILUS可搬重量は6 kgまたは10 kgです。リーチは700~1100 mmです。この小型ロボットは床、天井あるいは壁に固定することができます。すでに初代のKR AGILUSがそうであったように、第2世代にもKUKA KR C4 compactコントローラーが装備されます。

新しいKR AGILUSの導入で、お客様にはこの実証済みの品質で改良された小型ロボットにご期待いただけることと思います。改善された新しいエネルギー供給部の位置は、ロボットで改良された多くのディテールのうちの一例にすぎません。

Christoph Schaible、プロダクトマネージャー。

見出し語:

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意