KUKA RemoteServiceクライアントとのセキュアな接続

エラー。システムはもう実行されていません。予期しない休止時間は経済的損失を意味します。今すぐ行動すべきです。KUKA RemoteServiceは迅速なヘルプを提供します。技術的な問題が発生した場合、アウクスブルクに本拠を置く当社のサービス技術者はオンラインで、RemoteService契約のお客様への反応時間を保証します。

2017年12月22日

技術者が装置へ移動するのではなく、装置がオンラインでKUKAの専門家のもとへ移動します。ほとんどの場合、エラーを検出して訂正するためには、システムの状態と読めるメッセージを調べるだけで十分です。専門家は、KUKA RemoteServiceクライアントへの直接接続を介してアクセスします。これは、KUKA Industriesの新しいシステムに標準装備されたコンパクトなKUKA.Connectivity Boxです。技術機器と KUKA RemoteServiceは、保証期間中に無料で提供されます。
自動車に乗るか、すぐに次のフライトを予約してください:顧客の工場に到達するためには、しばしば長い距離を克服する必要があります。KUKA RemoteServiceはKUKA.Connectivity Boxを備えており、これに従い顧客にメリットを提供します。関連する専門家との共同による応答時間の短縮、停止時間の短縮、装置およびシステムの保守および保守の簡素化 より迅速に介入する能力は、生産が全般的に適時に継続されるため、時間の節約と、コストの削減になります。「トラブルが発生した場合、時間や場所に関係なく臨時にお客様のお役に立つことができます。KUKA Industriesのカスタマーサービスコンサルタントであるシュテファン・アンペンベルガー氏はそのように述べています。

システムはイーサネット接続を介してKUKA.Connectivity Boxに接続された上でインターネットに接続されます。LAN接続が利用できない場合、KUKA.Connectivity BoxにUSBスティックを介してUMTSデータカードを装備することもできます。「ハートビートは、当社がデータに永久にアクセスできることを保証します。これにより、より効率的に作業し、顧客により良いサービスを提供することができます」とアンペンベルガー氏は言います。ハートビートとは、システムステータスの自動通知のことで、KUKAに1日1回送信され、障害が発生しても問題なく接続が確立されます。

VPN TUNNEL モバイル接続
KUKAの専門家は、必要に応じて、顧客の承認後にすべてのシステム部品の現在の装置データにアクセスすることができます。もちろん、セキュリティが最優先です。エンドツーエンドの暗号化を使用した安全なVPN接続により、不要なサードパーティーのアクセスから保護します。 

KUKAリモートサービス:インダストリー 4.0のパイオニア

スマートファクトリー:生産と既存のプロセスのネットワーキングがインダストリー 4.0の要です。装置とプラントの情報を収集して評価し、プロセスを最適化することは、競争力を維持するために必要な措置です。「KUKA RemoteServiceクライアントを使用することで、近代的なネットワーク生産の基盤を築いています」シュテファン・アンペンベルガー氏はそう言います。KUKA.Connectivity Boxは、お客様のシステムへの恒久的な情報アクセスを提供します。収集されたデータは、クラウドベースのソフトウェアプラットフォームKUKA SmartConnectとともに、さらなる分析活動の基礎となります。エラーや考えられる障害は、早期に検出して回避することができます。さらに、予測されたメンテナンスが可能であり、アーカイブ化された装置およびプラント情報を評価することによってプロセスを最適化することができます。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意