KUKAの軽量構造ロボット LBR iiwaはインダストリー 4.0の可能性を試しています

HRC対応のKUKA LBR iiwaは、ドルトムント工科大学の生産システム研究所(IPS)でトレーニング環境に統合されています。インダストリー 4.0に関するIPSの研究成果はこのシステムに集約されます。そこでは、学生が未来の生産について学習します。学生は協調型ロボットと一緒に手を携えて作業し、そのプログラミング方法を学びます。

2018年1月31日

LBR iiwaにより、HRCおよびシステムの簡単な変更が可能に

rbc Fördertechnik©IPSでトレーニング環境を実装しています。そこでは、HRC対応のKUKA LBR iiwaが、人間との直接的な協力の可能性を示していますさらなる研究の焦点:このシステムは、特別なプログラミング技術がなくても、迅速かつ簡単にプログラミングでき、再構築も簡単です。これは、KUKA Sunrise. OSシステムソフトウェアのグラフィカルプログラミングにより可能となりました。
未来の生産が既に今日にも:人間と人協調型ロボットは直接連携します。

KUKAの軽量構造ロボットがポンプの設置をシミュレートします

実用性がトレーニング環境の重要な部分のひとつです。学生はそこで、ポンプを搭載できるようにロボットをプログラミングする方法を学んでいます。さらに、複数のカメラバンドによりコンポーネントが供給されます。協調型ロボットは、それらのコンポーネントを自ら選択し、最終的には共同作業者とのチームワークへと段階的に統合してゆきます。 
ドルトムント工科大学でのインダストリー 4.0学生はLBR iiwaのプログラミングを学習します。

インダストリー 4.0の具体化

システムの目標:未来のエンジニアを未来の生産に適合 させる。さらに、HRCに関する既存の接触恐怖を和らげます。実際の経験は、HRCの利点を強調するのに役立ちます。そのため、地域企業は既に、このシステムに興味を示しています。

見出し語:

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意