移動型ロボットが生産性を向上させる

移動型ロボットは生産においてますます重要になっています。これらは柔軟に使用でき、作業環境の中で自律移動し、作業員と協力して作業を行うことができます。KMR iiwaは、これらの新しい要求に対するKUKAの答えです。この移動型の補助ロボットは、特に電子産業、消費財産業ならびに自動車産業で強みを発揮します。

2018年4月24日

移動型ロボットKMR iiwaはHRC対応です

KMR iiwaは、HRC対応のKUKA LBR iiwaが取り付けられている自律的なロボットプラットフォームです。人とロボットの安全な共同作業を実現するのが、移動型プラットフォームのレーザースキャナー、そして、ロボットの各軸にあるジョイントモーメントセンサーです。ユーザーにとってのもう一つのメリットは、制御システムだけでこの自律的なロボットプラットフォームを操作できる点です。

自律的なロボットプラットフォームが従業員をサポートします 

KMR iiwaは完全自律移動します。工場内の構造的な変更も行う必要がありません。そのため、この移動型ロボットは基本的に、これまでは主に人が行ってきたすべてのピックアップ&デリバリー業務に適しています。それに加えて、このロボットは機械の装備、工作機械での工具交換、研究室の自動化、半導体産業におけるプロセスの連鎖、イントラロジスティクス(例えば、組立ラインへの部品の供給)に採用することができます。
このロボットプラットフォームは、作業エリアの中で自律的に動作します。

KMR iiwaが工場にインダストリー4.0を実現させます

この自律ロボットが工場をスマートにします。また、自由な自律式のナビゲーションにより、インテリジェントにネットワーク化された自動化ソリューションをサポートします。そのため、このロボットは環境や作業タスクの変化に柔軟に対応できます。さらに、ネットワーク統合により、ロジスティクスと生産プロセスにスムーズに組み込むことができます。KUKAはこれから、移動型ロボットKMR iiwaの量産体制に入ります。こうして、インダストリー4.0はますます現実味を帯びてきています。

見出し語:

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意