KUKAは新世代のKR QUANTECシリーズを投入

KUKAは従来の主力販売製品シリーズKR QUANTECを改良しました。新世代は1月から注文可能で、最初の納入は2019年4月の予定です。このシリーズは特にパフォーマンス、経済性およびフレキシビリティを考慮して最適化されました。 

2019年1月17日

KR QUANTECシリーズのロボットは、2010年の市場導入以降、納入実績が100,000台を超えました。その要因としては、高信頼性のほかに、オールラウンダーとして競合の中で並ぶもののない広範な用途が挙げられます。ロボットは、例えば自動車分野鋳造業医療分野あるいは加工処理・取扱業といった、ほとんどすべての市場セグメントへの投入に向けて耐荷重120~300 kgで設計されています。KR QUANTECシリーズの改良に際しては、ダイナミックなオートメーション化分野でのKUKAの経験が注がれました。 

成果は最高品質の高信頼・多面的・高効率ソリューションです。新世代のKR QUANTECによって顧客は既に今日、将来に向けてその製造に投資しています。 

ヴォルフガング・ビルドゥル(Wolfgang Bildl)、担当製品マネージャー。

フレキシビリティ増大、コスト低減、納期短縮

新世代KR QUANTECのポートフォリオが最適化されました。よりスリムになったモジュールにより、例えば納期が著しく短縮されます。「同時に弊社は、顧客にぴったり合った、フレキシブルなロボットを顧客に提供し、将来への投資をより確実なものにします - とりわけ、現場での耐荷重・重装備の可能性、ポートフォリオにおける特殊バリエーションによる高度多様性、あるいは停止距離短縮もしくは最適作業範囲といった技術の最適化によって」と、ヴォルフガング・ビルドゥルは説明します。

構造の改良によって、従来のメンテナンス対策が一部廃止されたため、とりわけTCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)が著しく削減されます。このほか、特に新たなケーブルおよび電源供給コンセプトならびに交換部品数の削減によって、静止時間とメンテナンス費用が最小限に抑えられます - キーワードは「最適化されたモジュール」です。これによって同時に稼働率も上昇します。そのほか、運転開始もずっと簡単化されています。

理想的なプロセス品質のための新しい動作モード

新世代のKR QUANTECシリーズは、補助的動作モード、いわゆる「モーションモード(Motion Modes)」の用意が整っています。ここで重要となるのは、特定の用途に対してロボットの最適な動作モードを保証するソフトウェア・アドオンです。例えば、パスモード(Path Mode)によって軌道走行、ダイナミックモード(Dynamic Mode) によって高速度が実現され、それによって生産ラインのネックとなっていたサイクル時間が短縮されます。最初のモーションモード(Motion Modes)は、2019年後半には供給可能となる予定で、ロボット制御によって簡単に上演されるようになります。 
 
同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください