KUKAとSchüco社、自動化に向け戦略的パートナーに

排他的協業の目的は、ウィンドウ、ドア、ファサード製造の自動化ソリューションの共同開発と実現です。第一段階の開発重点は、アルミニウム製ウィンドウおよびドアの製造にあります。 

2019年4月5日

ガラスファサード等の製造用ロボット

KUKAは、ドイツ ビーレフェルトを拠点とするSchüco International KGと戦略的パートナーシップを結びました。同社はアルミニウム、プラスチック、スチール製の高品質なウィンドウ、ドア、ファサードシステムの世界的リーディングサプライヤーです。  

KUKAとSchüco社の狙いは、将来のウィンドウ、ドア、ファサード製造の自動化ソリューションの共同開発および実現に焦点を合わせた長期的提携です。
「Schüco社がKUKAを戦略的パートナーとして選んでくれたことを光栄に思う。我々は、ロボットと建設業界全般に大きな可能性を見出している。」と語るのは、KUKA代表として契約書に署名したドイツ チーフリージョナルオフィサーのミヒャエル・オットー氏。
そしてSchüco International KGのCTO件COO Dr.ヴァルター・シュタットルバウアー氏もこう語ります。

左から:Schüco International KGのCTO兼COO、Dr.ヴァルター・シュタットルバウアー氏、KUKAのドイツ・チーフリージョナルオフィサー ミヒャエル・オットー氏。将来の協力関係に期待

SchücoとKUKAのパートナーシップで、2つのマーケットリーダーがノウハウを結合する。その目的は明確で、自動化により顧客の競争力をさらに高めることである。

Schüco International KGのCTO兼COO、Dr.ヴァルター・シュタットルバウアー氏

建設業界の自動化のためのノウハウを統合

両社は、互いのノウハウから利益を得ます。KUKAはロボットと自動化の領域での豊富な経験を生かし、Schüco社は建築物エンベロープ関連の多彩な製品およびサービスを提供し、建築プロセスの全段階における幅広い知識を駆使します。Schüco社は提携の一環として、KUKAのインテグレーターのグローバルネットワークにアクセスすることができ、KUKAもまたSchüco社のグローバルセールスネットワークにアクセス可能となりビーレフェルト企業の排他的ロボットサプライヤーとなります。

 

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定