KUKAとSchüco:オートメーション化のための戦略的パートナー

排他的な協業の目的は、明日からのウィンドウ、ドアおよびファサード製造のための自動化ソリューションの共同開発および実施です。第一の開発重点は、アルミニウム製ウィンドウおよびドアの製造にあります。 

2019年4月5日

ガラスファサード等の製造用ロボット

KUKAは、アルミニウム、プラスチックおよびスチール製の高価値ウィンドウ、ドアおよびファサードシステムのリーディングサプライヤーである、ビーレフェルトのSchüco International KGと戦略的パートナーシップを結びました。

KUKAとSchücoは長期的な共同作業を計画しており、その際、ウィンドウ、ドアおよびファサード製造のための新しい自動化ソリューションの共同開発および実施に重点が置かれています。「私たちは、Schücoが戦略的パートナーとしてKUKAに賛同してくれたことをとても喜んでいます。私たちは、この領域にロボットと建設業界全般の自動化の大いなる可能性を見ています」と、KUKAの代表者として契約書に署名した、ドイツ・リージョナル・オフィサー・チーフ、ミヒャエル・オットーが言います。Schüco International KGのCTO兼COO、Dr.ヴァルター・シュタットルバウアー氏が追加して語ります:

 

左から:Schüco International KGのCTO兼COO、Dr.ヴァルター・シュタットルバウアー氏とKUKAのドイツ・リージョナル・オフィサー・チーフ、ミヒャエル・オットー氏は、将来の共同作業に期待

SchücoとKUKAの間のパートナーシップによって、2つのマーケットリーダーが両社のノウハウを結合します。その際、私たちの目標は明確で、自動化によって私たちの顧客の競争力をさらに高めることです。

Schüco International KGのCTO兼COO、Dr.ヴァルター・シュタットルバウアー氏

建設業界の自動化のためのノウハウを統合

両社は、それぞれのパートナーのノウハウによって利益を獲得します。KUKAは、ロボットと自動化の領域での豊富な経験をパートナーシップにもたらします。Schücoは、建物エンベロープ関連の多彩な製品およびサービスを提供し、建築プロセスの前段階についての広範囲な知識を駆使します。共同事業の枠内でSchücoは、KUKAの全世界の統合ネットワークにアクセスに常時アクセスすることができます。同時にKUKAは、Schücoのグローバル事業ネットワークに参画し、ビーレフェルトの企業の排他的ロボットサプライヤーになります。

 

同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください