おそらく世界初のファストフードロボット

コンパクトで、機敏かつ正確な動作をします。世界中のファストフード関係者を魅了するのに時間はかからないでしょう。KUKAのKR 3 AGILUSはブラジルの企業Bionicookに導入され、世界初の完全自動ファストフード自動販売機でお客様に軽食、ドリンク、デザートを提供しています。

2020年2月6日

飲食産業で活躍するKUKAロボット 

ファストフードレストラン向けロボット?レストラン産業向けロボット?
長い間ロボットによる自動化ソリューションに依存してきた工業以外の業界でも、機械を使用するメリットを活用することが可能です。
ブラジル出身の起業家ファビオ・レズレーは、食品産業、ファストフード店でロボットは利用可能でしょうか?飲食業界でのロボット活用は?はい、ブラジルのカシアス・ド・スル出身の起業家ファビオ・レズレーは、食品産業、正確にはファストフードを最適化したいと考えていました。ソリューションは自動化コンセプト。パートナーはKUKA。その結果生まれたのが、Bionicookです。ファストフードマシンでロボットが調理し料理を提供します。
KR 3 AGILUSは飲食業界でその存在を示すだけでなく、サービングロボットとしても優れています。

このプロジェクトに参加し、アイデアを実行できたことを誇りに思います。

KUKA Roboter do Brasilの取締役を務めるエドゥアルド・メカリアン

ファストフードロボットによりオンデマンドフードが可能に

KUKAの持つ専門知識とKR 3 AGILUSにより、ブラジルの自動化企業AUTTOMとの共同による世界初の完全自動化ファストフードカウンターが誕生。このコンセプトは、2019年5月にカシアス・ド・スルで開催されたMIND7 STARTUP見本市で発表されました。

このファストフードの自動販売機では、14種類の軽食、2種類のデザート、3種類のサラダ、15種類の飲み物から選び、タッチパネルから注文をすることができます。支払いが完了すると、サービングロボットが調理を開始します。そして、ロボット自身が商品を準備し提供します。これを行うために、ロボットは注文された品を取り出し、必要に応じて調理して提供します。商品は1食分に分けられて冷凍されています。ロボットは3分以内に注文を提供し、1時間あたり最大100件の注文を処理します。

コンパクトで迅速:サービングロボットが実現します

必要なスペースはほんの少しでありながら、非常に機敏な動作:KUKAのKR 3 AGILUSはその特性により、多くの産業において満足を提供しています。このロボットの可搬重量は3 kg、リーチは540 mmです。これにより、サイクルタイムの短縮と生産の増加が可能になります。完全自動化されたファストフードカウンターの理想的な条件:ロボットが可能な限りの最短時間で、週7日、24時間体制でフードを提供します。
場所をとらずフレキシブル:KR 3 AGILUSが多くの産業から注目される特性。 
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定