KUKA の新KR IONTEC:可搬重量クラス 30~70 kg におけるあらゆるタスクに対応したロボット

KUKA は新シリーズを上市します。KR IONTEC はKR 60-3 の後継モデルであり、中可搬重量クラスの範囲における柔軟性の新基準を打ち立てます。さらにKR IONTEC は、このクラスでは最大の作業範囲が魅力で、従来製品とデジタル製品の両に投入できるように設計されています。

2020年1月15日

KUKA は、30~70 kgの可搬重量クラスの新シリーズ KR IONTEC をKR 60-3 の後継モデルとして上市します。

床面、壁面、斜面のどの取付位置でも、KR IONTEC は設置可能です。設置済みの 30 ㎏クラスのロボットを最大 70 ㎏まで装備変更も可能なため、非常に柔軟性に富んでいます。このほか、新 KR IONTECは、可動範囲が最大3,100 ㎜ に達し、同クラスの最大作業範囲を上回っています。ロボットは省スペース型で、底面積を30%削減、干渉輪郭を10%縮小することで、セルのデザインのコンパクト化を実現します。

総保有コスト (TCO) は最適値

KR IONTEC のメンテナンスコストは同クラス最小です。作業テクノロジーの改良とロボット自重の削減によって電力消費量が低減されたことにより、維持費も安くなります新 KR IONTEC は、総保有コスト (Total Cost of Ownership:TCO) とライフサイクル効率 (Life Cycle Efficiency) の最適値を実現します。技術的可用度は99%を超え、平均故障間隔 (Mean Time Between Failures) は約400,000作業時間です。

製造業界の未来に向けてスタンバイ

KR IONTEC は、従来製品とデジタル製品の両方で使用が可能であり、各種モーションモードが装備されています。これらのソフトウェア・アドオンにより、ロボットはさまざまな製造工程に合わせてボタンを押すだけでフレキシブルに調整できます。パフォーマンス・モード (Performance Mode) では、高パフォーマンス、ダイナミックさ、および効率に配慮して基準が設定されています。パス・モード (Path Mode) では、正確な経路と絶対的な精度が実現されます。ダイナミック・モード (Dynamic Mode) では、サイクルタイムが最小化されます。KR IONTEC は、2020年1月以降、ご注文可能です。最初のモデルは4月に出荷予定です。
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定