「スタイリッシュな自動化」、ドイツデザインアワード2020でKUKAが3つの賞を獲得

機能性の高さ、クリアなデザイン、美しい企業ブランディングがドイツデザインアワード2020審査団の評価を得ました。フランクフルト・アム・マインで行われた授賞式では、KUKAの製品3点が優秀工業デザイン賞を受賞しました。

2020年2月12日

KUKA、ドイツデザインアワード2020受賞

ドイツデザインアワード2020が先週フランクフルトにて開催された国際見本市「アンビエンテ」にて発表され、KUKAが工業デザインの3つの賞を獲得しました。「優れた製品設計」部門では、KMP 600KMP 1500、そして電気自動車の家庭用充電アシスタントcarla_connectが表彰されました。
German Design Award 2020の勝者は、デザイナーのマリオ・セリックを中心としたチームKUKA

KUKAへ贈られた3つの工業デザイン大賞

「先進的なテクノロジーの基準を完璧に表現した素晴らしくクリアで未来的なデザイン」(KMP 1500)、「機能性、先進的美学、企業ブランドを創造性の炊きあレベルで組み合わせた体系的なデザイン」(KMP 600)、「革新的な技術、品質、機能性を、印象的で非常に美しいデザイン言語で表現」(carla_connect)と、ドイツデザインアワードの優秀な国際エキスパートたちが称えました。

工業デザインの数々の称号

充電アシスタントと2台の車両のデザインは、25年にわたってKUKAロボットの外観デザインを行い数々お賞を受賞したマリオ・セリック氏の作品です。「ロボットは、巨大な重量物を搬送しながら、とてつもない持久力と加速能力も持ち合わせなければならない。本当に最強です。私にとってロボットは、アスリートの理想像の具現化なのです。」とセリック氏。

carla_connectの安全システムとその薄型設計は、限られた駐車場スペース、特に家庭のガレージへの設置にも最適です。「カラースキームはKUKAのコーポレートアイデンティティーに合わせられており、KUKA製品ファミリーに調和しています。」とセリック氏は言います。

ドイツデザインアワード2020勝者は、工業生産向けの完全なる柔軟性

プラットフォームトラックKMP 600は、物流管理の最適化を目的とした、フレキシブルな材料搬送用自律制御車両です。その精密なリフトメカニズムにより、例えば移動式商品棚をピッキング作業スペースに搬送します。そのシステムは、さまざまな分野に適しており、極めてフレキシブルで、常に変化する顧客ニーズに素早く対応することができます。

 

更に大型のでリフトメカニズムを装備した無人搬送車KMP 1500は、生産システムに材料を供給し、インダストリー4.0に準じた生産にフレキシブルに対応します。全方向性の駆動テクノロジーにより、この車両はすばやく全方向へ移動します。また、リフトメカニズムにより加工ステーション間で構成部品を自主的に移動させたり、加工済みのワークピースを倉庫に運にだりもします。

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定