“Medical Robotics Challenge”: The finalists of the 2020 KUKA Innovation Award

Research teams from around the world applied for the KUKA “Medical Robotics Challenge”. An independent international jury selected the five best teams. These teams will implement their concepts using the LBR Med medical robot and present them at the MEDICA medical technology trade fair.

2020年2月26日

トータルで40を超えるアイデアがKUKA Innovation Awardの国際的審査員の許に寄せられました。これは新記録です。「これは、私たちが『Medical Robotics Challenge』というモットーの核心を目の当たりにしていることを示しています。医療用ロボティクスはますますその重要性を高めています」と、KUKAのバイス・プレジデント・コーポレート・リサーチ、Dr.ライナー・ビショフは言います。

ファイナリスト5チームは、11月の医療見本市MEDICAまでにそのアイデアを具現化しなければなりません。そのために、高感度のKUKA軽量構造ロボットLBR Medが、世界で医療製品への統合に対して認証を受けている初のロボットコンポーネントとして提供されます。それに加えて、各チームは、コンテスト全体を通じてファイナリストに寄り添っている、熟練したKUKAエキスパートたちからコーチングを受けます。

KUKA Innovation Award 2020のファイナリストには、そのアイデアのためにLBR Medを提供

デュッセルドルフで開催される最大の医療見本市において、ファイナリストたちはアイデアを世界中の専門家からなる観衆にお披露目し、審査員が勝者に20,000ユーロの賞金とともにKUKA Innovation Awardを授与します。

この勲章は第7回まで貸与されます。ロボットベースの自動化を加速し、研究の産業界への技術移転を強化することがその目的です。この賞は、企業や大学の開発者、学士、研究チームに向けられていてます。

そしてこれがKUKA Innovation Award 2020のファイナリスト5チームです:

KUKA Innovation Award 2020のファイナリストの集合写真

1.チームSAHARRA - スロバキア工科大学、ブラティスラバ、スロバキア

レーザー光線による脱毛は、高濃度の光を毛濾胞まで浸透します。そこではその後、レーザー光が毛根の色素によって吸収され、熱を発生します。これが毛濾胞を傷付け、それによって髪の成長が止められます。チームSAHARRAは、治療の精度および迅速性を改善するアプリケーションを開発中です。そのために、LBR Medと組み合わせたナビゲーションシステムが治療対象部位を精確に特定します。こうして、不要な二重治療を防止できます。

2.チームCONEEBot – ハンブルク工科大学、ドイツ

ニードルが、最小の侵襲的治療(例えば、バイオプシー)を実施する重要な器具です。ニードルの精確な位置決めのために、これまで長い間、画像支援法とロボティクスが研究されてきました。従来は、ロボットを使用したニードルの位置調整が主として重要でした。その後、医師は、ニードルを目的の位置に移動させる役割を負います。この役割は、柔組織の変形と挿入時のニードルの湾曲によって難しくなります。チームCONEEBOTの目標は、周辺を検出するスマートなニードルを開発することであり、ロボットと連携することによって、医師が正確にニードルを位置決めするのをサポートすることです。

3.チームHIFUSK - サンターナ大学院大学、ピサ、イタリア

集束超音波治療(focused ultrasound surgery:FUS)は、非侵襲的な治療法であり、がん治療を根本から変える可能性をもっています。この治療は外来通院で実施でき、切開なしで済むため、傷痕を残しません。しかし、この方法は、柔軟性に欠けるため、医療用画像処理を利用してしか実施できません。LBR Medでこの治療を実現することによって、柔軟性およびコントロール範囲を広げることができます。

4.チームRAOCT - デューク大学、ダラム、米国

多くの場合、眼の診察は眼科医によってしか行えません。その際、将来性のあるテクノロジーが光干渉断層計(optical coherence tomography:OCT)。緑内障や糖尿病性網膜症といった多くの眼の病気に対するこのスキャン法は有り触れた標準技術とみなされていますが、高度に熟練した専門家が操作しなければなりません。この技術の使い勝手を良くするには、ロボット技術を利用して断層撮影法を自動化して調整を改善し、操作を簡単化する必要があります。

5.チームSpheriObot – 上海交通大学系列第6人民病院、上海交通大学、上海電気グループ、中国

腰部痛をもつ患者数は多く、若年層にも患者がいます。腰部形成不全 - 股関節形成不全 - の場合の伝統的な治療法は、いわゆる親血管閉塞(Parent artery occlusion:PAO)です。この大げさな概念の背後には、股臼を手術により何度も切断して場所をずらす方法が隠されています。この方法は、神経や血管の損傷を引き起こすことがあります。上記の中国チームは、特殊なソーを使用することによって、少ない手術で股臼の位置を変えるロボットシステムを開発中です。これにより、術式の精度が向上し、外科的外傷のリスクが軽減します。

ニュース記事をダウンロードする

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定