工業製造におけるレーザー素材加工のTÜV検査済みの安全性

レーザー光線源の性能を高めることで、安全性に対する要件も高くなります。ソリューション:KUKA LaserSpy 4.0。TÜV検査済みのこの光学センサーによって、パッシブなシステムに比べより安全かつ経済的であアクティブな安全性システムが入手できます。

2020年6月8日

レーザー保護用の保護壁システムは、高負荷に耐えるものでなくてはなりません

レーザーの性能が高められ、レーザー光線が改善されると、焦点距離もそれだけ長くなります。エラーが発生した場合に、保護壁システムはかなり強い光線に晒されることになり、これに耐性でなければなりません。十分な保護を提供するために、パッシブな安全システムではレーザー保護キャビンを極端に大きく構成する必要がありました。このようにしてのみレーザーの焦点と十分な距離が保たれ、光線は外に出ることがないと考えられていました。しかし、これは、しばしば不可能であるか、コストの増大につながりました。このような場合に、アクティブなレーザーシステムである KUKA LaserSpy 4.0は、省スペース化を達成し、さらにコストをより抑える選択肢となります。

工業用途に適した経済的なレーザー保護

KUKA LaserSpy 4.0は、キャビンの保護壁システムをアクティブにモニターするレーザー保護のための光学センサーを特長とします。センサーが、例えば、光線が貫通した場合に、壁の構成要素の範囲内で高すぎる光線を計測すると、数ミリセカンドのうちに安全回路が作動し、レーザープロセスが停止します。このようにして、装置とオペレータは必要な保護を入手します。その際に、KUKA LaserSpy 4.0は、保護壁の光を通さない中間スペースをモニターしています。従って、システムが機能するための前提条件は二重壁のキャビネットとなります。 
KUKA SPY-MによるKUKA LaserSpy 4.0センサーの簡単なモニタリング。

工業製造におけるレーザー素材加工時の工程のモニタリング

レーザー光線がキャビンの内壁を損傷した場合には、光学センサーがこのエラーを検知し、レーザー光線が外壁を通過する前に、レーザー光線源が緊急停止回路によって停止されます。これは、波長が 850 ~ 1,100 ナノメートルの高性能光線源に適用されます。「この原理によって工程を安全にモニターできるようになります」と、KUKA のレーザー安全技術のプロジェクトマネージャーであるマティアス・ミーセンは語っています。

規格 IEC / EN 60825-4にあるアクティブなレーザー保護壁に関する全ての技術的な要件を満たしています。「しかし、KUKA LaserSpy 4.0を利用したソリューションは、確実に保護するための不必要に大きなセルを必要としないため経済的です」とマティアス・ミーセンは語っています。各センサーは、中心部の周りに円形状に配置されているディテクターで構成されています。これにより、3.50メートルの範囲をあらゆる方向にモニターすることができます。 

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定