映画産業で活躍するKUKA

KUKAロボットは、KUKAインテグレーターを通じて映画産業向けに完全ソリューションを提供します。

映画産業向けKUKAソリューション

映画産業で活躍するKUKA軽量ロボット

オーストリア・ウイーンに拠点を置くWunderwerk Film社は、KUKAの軽量ロボットをベースとしたCMOCOSシステムを、映画制作会社にデジタルフィルムおよびハイスピードカメラ用のプログラミング可能なモーションコントロールシステムとして提供しています。CMOCOSシステムは軽量なため、映画制作会社が映画セットに向かう際に、ロボットを飛行機に持ち込むことが可能です。CMOCOSシステムは、インテリジェントな操作用インターフェース、簡単な操作、そして全システムのスピーディーなプログラミングが特徴です。CMOCOSシステムは、ペデスタルあるいは移動式ドリー(撮影機台)にセットすれば、レールシステム上で繰り返し精度の高いリニア動作を実行できます。

リニアユニットでフレキシブルな完全ソリューション

米国のBot and Dolly社は、リーチが長く、リニアユニット上を素早く移動できるKUKAロボット用の完全ソリューションを提供しています。リニアユニットとKUKAロボットが組み合わさると、素早いプログラミングが可能なモーションプラットフォームとなります。このシステムで、加速度が高く、スピーディーかつ経路精度の高い動きが可能になります。KUKAロボットの特殊効果分野での使用については、英国のRobomoco社がリニアユニット付きKUKAロボットを提供しています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK