原子力設備の安全な閉鎖のためのロボットシステム

KUKAのロボットおよび設備は、過酷な産業用途でも定評があります。数十年におよぶ高性能ソリューション開発で培われたノウハウと経験は、原子力産業にも生かすことが可能です:当社のロボットシステムは、世界中どこでも安全、高速かつ低コストの原子力設備閉鎖の基礎をなしています。

原子力設備閉鎖における課題

ヨーロッパ中で脱原子力化が推進されており、過去数年間、世界中で多くの原発が停止し、その数は新設数を上回っています。これらの設備の閉鎖は、今後数十年間の主要な課題となります。世界中で稼動中の数百基の原発のうち、半分以上が技術的耐用年数に到達、または耐用年数終了直前に来ています。

環境の浄化は、原子力研究、ウラン処理、天然放射性物質の濃縮・加工などの類似活動が行われている場所でも必要です。そのような危険な環境にKUKA ロボットを使用することで、作業員の安全を確保することが可能です。

原子力設備閉鎖のための業界ソリューション

自動化された生産および組み立てソリューションのリーディングカンパニーとして、KUKAの長年の経験とノウハウには、絶大な信頼が寄せられています。当社は特別な役割を担う、核環境向けのロボットシステム開発に精通しています。ロボットシステムは頑丈で、信頼性が高く安全であり、高放射能環境にも耐えられます。当社は原子力設備閉鎖用の様々な用途に特化しています。以下はその例です:

  • 廃棄物のハンドリングおよび仕分け

  • 解体作業

  • ボックス・カプセル化

  • 密閉と払拭

  • 一般的な管理業務

 

ジョイスティック制御装置で高度な技能

閉鎖作業の多くは、人に害のある環境での作業です。そこで、遠隔稼動とロボットシステムが従業員の電離放射線による被曝の削減に決定的な役割を果たします。当社のジョイスティック制御はこの市場で比類なく、他のサプライヤーからは入手できません。当製品は、ロボットとのシームレスな共同作業のために開発されました。

この装置は、オペレーターがロボットを手動、自動または手動・自動のコンビネーションで遠隔操作することを可能にします。プログラミングされた工程が、オペレーターの作業負担を大幅に軽減します。加工セルから最長100メートル離れた距離で作業するために開発されたこの装置は、柔軟性を改善し、作業効率を向上させます。当製品は特に核廃棄物処理、仕分け、平準化のような複雑な作業に適しています。

KUKA製ジョイスティック・コントローラを使えば、オペレーターは、KUKAロボットを最大自由度6で手動制御できます。

ツールおよびサービスの幅広いラインアップをご用意

通常、このプロセスは様々な方法で実行することができます:全自動プログラムから半自動あるいは手動プログラムまで、KUKAのジョイスティック制御であればすべて可能です。当社は標準パッケージを提供していますが、カスタマイズ対応ソリューションも設計・実現できます。

これには市販の特殊装備をベースにしロボットに適合した設計および建設ツールが含まれます。例えば:

  • 油圧式ハサミ

  • グリッパーおよび多目的グリッパー・ジョー

  • 鑽孔ツール、ネジの脱着、ポンピングまたは噴霧

  • 一般廃棄物処理およびハンドリング用ツール

当社の業界ノウハウにお任せください:当社は稼動から閉鎖へのスムーズな移行のためのツールを提供します。 

 

原子力設備閉鎖における、業界のリーディング・サプライヤー

KUKAの自動化システムが、世界最大級の閉鎖プロジェクトで使われています。

原子力設備閉鎖に使用されるKUKAロボットは既に市場で入手可能です。それらの大半は、鋳造所や自動車生産ラインで使用されています。当社の原子力設備閉鎖向けソリューションでは、定評がある産業標準技術で、この業界の特殊かつ複雑な要求に応えております。これにより、当社は原子力設備用ロボットシステムを標準品として提供する唯一のメーカーとなっています。

産業パートナーとの協力の下、KUKAは、全核燃料サイクル ー 分解、濃縮そして変換まで ー に沿った原子力技術のためのソリューションを開発しています。当社のアプリケーションは、多くの施設において弱放射性および中程度の放射性廃棄物の仕分けに使用されています。

英国国立原子力研究所(NNL)と協力し、KUKAはセラフィールドのボックスカプセル化設備での使用を目的としたロボット技術とその可能性を診断しました。その結果、KUKAユニットの使用が実用に耐えうる選択肢であることが示されました。当ロボットは、廃棄物が適当な固形物に変えられ、加工可能になることを保証するのに必要な作業ステップの実行に成功しました。

KUKA Systems UK社は、KUKA Industries社の一部であり、原子力設備閉鎖のための機械メーカー、調達企業、建設企業から重用されているサプライヤーで、現在も大規模な廃棄物処理プロジェクトに数多く参画しています。イギリス・ヘールソーウエンの拠点は、KUKAの原子力設備閉鎖のためのグローバル・コンピタンスセンターです。

ロボット技術は、原子力設備浄化における作業を容易にします。具体的な内容をご希望の方は、ご連絡ください。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意