KUKA Medical Robotics パートナーおよび納入実績

医療ロボットは要求が厳しい学際的な分野です。強力なパートナーやインテグレーターの協力により、KUKAは未来の手術室を創造します。

Siemens Healthcare 革新的レントゲン画像用医療ロボット

Siemens社のARTIS phenoは、定評のあった先行製品Artis Zeegoに代わる新しいロボット支援血管撮影装置ARTIS phenoを発売しました。X線システムの中核に使用されているKR C4制御技術を備えたKUKAのKR QUANTECシリーズのロボットは、近年KUKA Meecal Roboticsチームが臨床用途に最適化、拡張したものです。

Siemens社のARTIS phenoは、自動的に患者の周囲を移動するC型X線アームで迅速で正確なX線検査を実現しており、患者を動かすことなく焦点とする部位を全方向から撮影することが可能です。万が一検査を中断した場合でも、システム内のメモリー機能により後に同じ位置から検査を再開することができ、治療介入中でも結果を確認することが可能です。

将来的にARTIS phenoは、世界中の手術室で低侵襲外科手術、インターベンショナルラジオロジー、心臓病治療などに使用されるでしょう。

KUKA技術と共に、X線画像化の新たな次元を切り開いたSiemens社製ARTIS pheno(© Siemens Healthcare GmbH)

Accuray社 ロボットによる放射線治療

2000年よりKUKAはAccuray社と提携しており、このパートナーシップから初めてロボットによる放射線外科手術システムが製品化されました。以来CyberKnife(サイバーナイフ)システムは、以来世界の名だたる放射線治療センターで高精度の腫瘍治療に使用されています。

このシステムを使った治療では、メスの代わりに高エネルギーのX線ビームが使用されます。患者が手術台の上に横になると、ロボットアームが患者の周りにビームを誘導し腫瘍に放射線量を集中させます。画像システムで腫瘍の位置を把握しロボットに動きを指示すると、腫瘍がどの部位にあるかに関わらず周囲の健康な組織を傷つけることなく正確に腫瘍に命中させることができます。

治療中、患者はロボットが制御する台に横たわります。デジタルイメージングシステムを使用した定位固定により腫瘍の位置を把握し、呼吸による動きなどをロボットに知らせることで、ロボットは動きを補正します。

この高精度で質の高い治療法は、患者の入院も不要です。

 

CyberKnife(サイバーナイフ)を用いた治療中、患者はロボットが制御する手術台に固定されることなく横たわります。

BEC社 KUKAロボットによる患者位置調整

KUKAのロボットおよびコンポーネントが、放射線治療の際に正確な患者位置調整を行います。システムパートナーたちとKUKAは共にソリューション開発を行っており、Buck Engineering und Consulting (BEC)社はウイーンのイオン療法及び研究センターMedAustronにロボットベースの患者位置調整ソリューションを開発しました。そのベースとなっているのがKUKAのロボットです。

粒子放射線治療では高エネルギービームの動きが非常に制限されています。このため患者を動かすための設備が必要なのですが、その移動をロボット駆動の患者台が担っています。

BEC社はKUKAのロボットを粒子線治療時の患者の位置調整に使用しています(©トーマス・ケステンバウアー)。

AOT社 レーザー技術による正確な骨切削

近年の大幅な医学の進歩にもかかわらず、現在でも骨の切削時にはのこぎりが使用されています。この従来の方法では骨の破片が切断面に入り込んでしまうため、回復が遅れてしまいます。スイスのAOT社は、CARLO(Cold Ablation Robot-guided Laser Osteotomy、コールド・アブレーション・ロボットによるレーザー骨切り術)というプロジェクトで、これまでの手法を変えていこうとしています。コールドレーザー技術を駆使することで、KUKAロボットが医療器具となり非接触で直線だけでなくアーチ型やパズル型など、自在な骨切削を実現します。

この方法は、骨表面が傷つかず切削後も正確に再度継ぎ合わせることが可能なため回復の時間が大幅に短縮されるなど、患者にとっても多くのメリットがあります。

KUKAの軽量ロボットにレーザーヘッドを搭載することで非接触切削器具となります(© AOT社)
Cookie設定 同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

Cookie設定