KUKA Lasrobot

アーク溶接用KUKAロボット

KUKA溶接ロボットは、最高の生産性と最高の溶接品質を最少の運用コストかつ簡単な操作によって実現します。

KUKA溶接ロボット:軌跡精度と品質が焦点

  • 非常に簡単な操作
    KUKA smartPADの高解像度タッチスクリーン上の直観的な操作インターフェースがソフトウエアKUKA.ArcTechと連携して、安定して稼動する溶接プログラムを素早く作成できます。プログラマーはその際、簡単かつ明快な溶接コマンドによってサポートされます。
  • 高精度な溶接シームで高品質を実現
    ロボットの抜群の軌跡精度によって、手間のかかる後処理が不要になります。これはMIG/MAG-、WIG-、プラズマあるいは特殊溶接法のいずれにおいても同様です。さらに、オプションのKUKA.TRACC TCPは、生産サイクル中にトーチのツールセンターポイント(TCP)を自動的に監視し、必要に応じて更新します。こうして、溶接シームの位置はすべてあるべき位置に決まります。
  • 最高の生産性
    高い軸速度と無制限に回転するロボットの6つの軸が、2つの溶接シーム間の非生産的な動作時間を最小限に抑え、非常に短いサイクルタイムを保証します。安定したロボット機構の卓越した繰り返し精度により、オーバーシュートの無いピンポイントでの溶接シーム開始位置への移動を保証します。KUKA.RoboTeamArcTech Advancedは、複数のロボットによる1つの部品での同時作業を可能にし、生産性を大幅に向上します。
  • 最少の運転コスト
    当社ロボットは、トランスミッションのメンテナンス間隔が非常に長く、ロボットケーブルセットがメンテナンスフリーであることが特徴です。これがエネルギー効率の良いKR C4コントローラと組み合わされることにより、最少の運用コストを実現します。

KUKAロボットによる自動車コンポーネントのMIG/MAG溶接

KUKAロボット2台がメルセデス Sprinter用のダッシュボード・マウントを溶接しています。

アーク溶接のための強力なKUKAパートナー

当社のロボットはFronius、Kemppi、Miller、Lorch、Lincoln、EWM、SKS、ESAB や Migatronicのような強力なパートナーの提供する適切な溶接装備を利用し、最高の溶接品質を可能にします。

溶接装備は、例えばEtherCAT(どのKR C4コントローラにも搭載)のようなフィールドバス・インターフェースを介して、簡単かつスピーディーにロボットコントローラと接続できます。これにより、オペレータは、すべての機能をいつでも利用できます。

KUKA Lasrobot
KUKAロボットがロシアの工場で自転車フレームを溶接しています。

溶接アプリケーション用センサー技術

どんなに複雑な溶接課題に対しても、KUKAは適切なソフトウエアを用意しています:KUKA.TouchSenseKUKA.SeamTech Findingは、部品あるいは溶接シームの位置を溶接前に正確に特定します。KUKA.ArcSenseKUKA.SeamTech Trackingとの組み合わせにより、センサーが溶接作業中にリアルタイムでロボットの動きを修正します。
KUKA Lasrobot
EADS社で、KUKAロボットはKUKA.SeamTech Trackingを用いて高精度な溶接を行っています。

KUKAロボット:アーク溶接のプロ

当社のアーク溶接用ロボットの製品ラインアップは、リーチ700から3,102ミリメートルまで、可搬重量5から22キロまでをカバーしており 2つのシリーズがあります:インラインリストロボットと中空軸ロボットです。

  • KR AGILUS
    KR AGILUSシリーズのロボットは、溶接品質およびフレキシビリティで妥協することなく最小の溶接セルを実現できます。
  • KR CYBERTECH nano
    専用プロセスロボットが、新たな次元のアーク溶接を可能にします:その特別なデザインにより、長い距離をカバーし、後方の大きな作業範囲および下方の長いリーチを確保しています。
  • KR CYBERTECH ARC
    KR CYBERTECH ARCシリーズのロボットは、アーク溶接、接着剤やシーラントの塗布ラインに特化したロボットです。ハイパフォーマンスと出力密度を低コストで実現します。KR CYBERTECH ARC nano仕様の、中空軸アームおよびリストのロボットは、すっきりとしたシルエットのエルゴノミクスデザインで、特に狭小の部材や装置内におけるハイレベルの経路移動を保証します。
  • KR 16シリーズ
    KR 16ロボットとそのバリエーションは、あらゆるポイントおよび経路制御の課題に適した、関節キネマティックを持つ6軸型産業用ロボットです。KR 16 arc HW とKR 16 L8 arc HW仕様では、ロボットは中空軸アームおよび中空軸リスト(HW)を有しており、そこに溶接トーチ用ホースパッケージを通すことができるようになっています。
  • KR CYBERTECH
    KR CYBERTECHファミリーは、低可搬クラスにおいて最大のモデルラインアップを提供します。CYBERTECHロボットは、省スペースのセルコンセプトを高いパフォーマンスと非常に低いコストで実現します。
  • KR 30 L16
    このロボットの長くスリムはアームは、特に大型部品の溶接に適しています。

ready2_arc:位置について、用意、溶接!

KUKAロボットは、強力なパートナーが提供する適切な溶接装備によって、その長所をフルに発揮します。このため当社は事前設定済みのコンポーネントの調和されたパッケージであるready2_solutionsを開発しました。ready2_arcとの組み合わせで、特にアーク溶接用途に最適なパッケージとなります。これは、事前設定済みかつ容易に実装可能な自動化ソリューションで、KUKA溶接ロボットとカスタマイズされた電源コンポーネントからなる、完璧に調整されたパッケージを手に入れることができます。全てワンストップで、しかも最短期間での運転開始が可能です


こちらから
アーク溶接をテーマとする、KUKAユーザー事例の一覧がご覧になれます。


弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意