自分の現在地を選択してください:

Aluminium tube racks

アルミニウム溶接

素材としてメリットの多いアルミニウム。しかし加工の際には特別な知識や技術を要します。KUKAは、複雑な溶接プロセスを実現するパートナーです。ロボット、溶接セルおよび適切なソフトウェアの取付けまで全てのプロセスにおいてお客様をサポートします。


アルミニウム部品のロボットベースの溶接 

アルミニウム現代のマニュファクチャリングに欠かすことのできない軽量素材です。他の金属に比べ、密度が低く、そのため軽量ではあっても非常に低い融点を有しています。この素材をスチールと比べると、熱伝導率が4倍、熱膨張率も2倍です。溶接で問題となるのは、アルミニウムが酸素(空気)と結合して形成する酸化膜です。

まさにこのときKUKAが、溶接での長年の経験を駆使して、お客様の自動化のパートナーとして本領を発揮します。弊社はお客様に必要なロボティクス・ソリューションを調えランダムな溶接サービス.を提供します。MIGおよびTIG溶接からスポット溶接、レーザー溶接、ハンダ付けにいたるまで、弊社の幅広いポートフォリオはほぼ全ての工法をカバーしています。

アルミニウム溶接:より速く、より簡単に、さらに先へ

アルミニウムはその密度に比べ強度が高いため、軽量構造の素材として人気を博しています。こうした特性のために、ほぼすべての分野がアルミニウムに関心を示しています:

  • 自動車産業

    • 車体
    • エンジンフード
    • シャーシ
    • トランクリッド
    • ドア
  • 輸送および交通業

    • 航空機
    • 鉄道車両およびトラム
    • 自転車および自動二輪
    • 商用車(サイドボードなどの構造)
  • 電気自動車

    • 熱交換器

    • バッテリーボックス

    • シャーシ

弊社はお客様の溶接製造のためのスタートアップを提供します

シールドガスおよびレーザー溶接のロボットから摩擦圧接、完全製造セルにいたるまで、弊社はアルミニウム溶接のための全てを提供します。



アルミニウム部品の製造を自動化したいですか?

お気軽にご相談ください。

ホワイト・ペーパー:アルミニウム溶接?問題ありません!現在、Eモビリティ向け生産分野で活躍しています。

アルミニウムはスチールに比べ、軽量性と強度を理想的に両立していることから、Eモビリティにおいて重要な役割を果たしています。KUKAはEモビリティのテクニカルトランスフォーメーションのためにお客様に活力を与えます。バッテリーボックスの事例から、産業用ロボットがいかに高い品質レベルでアルミニウム部品を製造することができるかよく分かります。

アルミ溶接の重要性についてお読みください。

ダウンロードはこちらから

アルミニウム製部品の製造を受託する

摩擦圧接用のワークピースを全サイズで受託生産

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定