自分の現在地を選択してください:

レーザー溶接

自動車製造から航空・宇宙分野に至るまで、レーザー溶接の適用範囲は多岐にわたっています。この方法は、速い溶接速度と少ない入熱により、決定的なメリットをもたらします。


レーザー溶接:その背後にあるものは何ですか?

レーザー溶接は、集光したレーザービームを使用した接合方法であり、その精度の高さから多くの産業で利用されています。溶接のためのエネルギーは、高出力レーザーによって発生します。ロボットへの用途では通常、高エネルギーのレーザービームはフレキシブルな光ファイバーで加工場所まで導かれます。そこで、レーザーの出力は、レンズを使用して小さな焦点に集光されます。その結果、高いエネルギー密度によってワークが溶融され、コンポーネントが溶接されます。

この方法は、幅狭の溶接シームと少ない熱歪みにより高速で溶接される材料や部品に適しています。そのため、レーザー溶接は、高精度の用途に応えるために、さまざまな産業分野(例えば、自動車産業、航空宇宙産業、および医療産業など)に使用されています。

KUKAは広範なレーザー技術を提供します

KUKAのレーザー技術は、多様な材料のレーザー溶接、レーザー切断、レーザーはんだ付け、およびレーザー肉盛溶接などに使用されています。

KUKAでのワンストップですべて可能です

経済的なレーザー溶接に完璧な装備

インダストリー4.0の時代の今日、製品ライフサイクルの短縮化が進む一方です。当社のロボットと事前設定済みのセルは、ダイナミックな生産現場に最適であり、装備の追加と変更の両方を極めて短時間で行なうことができます。

最適にコーディネートされた各コンポーネント

KUKAは、テクノロジー別のアプリケーションソフトウェアであるKUKA.LaserTechによって、ロボットベースのレーザー用途のためのテーラーメイドソリューションを提供いたします。さらに、ロボットから事前設定済みの溶接セルを経て、多用途のロボット周辺機器に至るまで、レーザー用途向けにコーディネートされたコンポーネントを提供いたします。

  • ロボット周辺機器

    適切なロボット周辺機器で製造ソリューションを完全なものにすることができます。こちらで多数のバリエーションの中からお選びいただけます。 
    詳しくはこちら
  • レーザー光学

    溶接用光学系から粉体用光学系を経て溶接ヘッドに至るまで:当社はレーザー溶接に必要なあらゆるソリューションを提供します。

    詳しくはこちら
  • レーザーカッティングポータル

    KUKAレーザーカッティングポータルKR70 LPは、その優れたダイナミクスにより、複雑なコンポーネントのレーザーカッティングに特に適しています。
    詳しくはこちら
  • KUKA.LaserTech

    このソフトウェアでレーザー溶接およびレーザーカットアプリケーションを簡単にプログラミングでき、素早く使用できるようになります。

    詳しくはこちら

ピンポイントの精度と最大の多様性

従来の溶接工法と比較して、革新的なレーザービーム溶接工法のメリットは、主として以下の通りです:

メリット


低単価

速い処理速度とリワークの低減により

高信頼性

非接触で動力不要のプロセスと摩耗がない工具

優れた品質

低入熱と高精度のレーザー出力コントロールにより 

新しい素材の組み合わせ

銅-銅、銅-アルミニウム

高強度

溶込み深さの増大により

広範な用途

生産現場での多彩な使用が可能

KUKA LaserSpy 4.0による最高のレーザーセーフティ

レーザービームからの完璧な保護: KUKA LaserSpy はTÜV試験済みのレーザーセーフティセンサーであり、レーザー防壁を電子的かつアクティブに監視します。照射漏れが検出されると、障害を引き起こす前に直ちにレーザーが停止され、設備と従業員に最大限のレーザーセーフティを提供します。
アクティブなレーザーガード:KUKA LaserSpyは溶接セル内のレーザーセーフティを向上させます。

レーザーを使用した溶接:2つの高効率な方法

レーザーを使用した溶接では、溶接シームの形状や品質を多様に、しかも任意に作業内容に応じて最適に調整することができます。レーザー溶接では、以下のような工法が広く用いられています:

レーザー溶接で接合できる材料にはどのようなものがありますか?

レーザー溶接では、さまざまな材料 を接合することができます。その際、多くは鉄やアルミが溶接されます。しかし、電池の製造によく使用される銅接合部、銅-銅、銅-アルミニウムも、最新のレーザー光源および適合する波長(例えば、緑や青のスペクトル)を使用して溶接することができます。

レーザー溶接の際、部品の溶接面を酸化から守るため、処理中にシールドガスであるアルゴンやヘリウムが添加されます。

生産をレーザー溶接工法に合わせて装備変更します

一緒にひったり合ったコンセプトを見つけましょう。

レーザー堆積溶接

KUKAはレーザー堆積溶接に関して、個別ソリューションおよびあらゆる種類の製造技術を提供いたします。

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定