自分の現在地を選択してください:

Bin Picking

ここでは、容器の中にある物を自動で認識し、掴んで取り出すということが重要です。ここでの課題は、物体がほとんど無秩序に配置されているということです。KUKAは、お客様のご要望に応じた完全なソリューションを提供します。


Bin Picking - 「ボックスに手を入れる」ということ

産業用ロボットの従来のタスクは、部品を組み立てたり、ある場所から別の場所へ搬送したりすることです。製造業における要求の高まりと複雑化に伴い、産業用ロボットには単純な装填・取外しに加えて、可能な限り最速で部品を認識・識別することが求められています。そこで活躍するのが、Bin Pickingです。直訳すると「ボックスに手を入れる」という意味で、ランダムに配置された物体の認識・取出し・再配置3つのステップで行われます。

3Dビジョンセンサーでランダムに配置された物体を正確に仕分けるBin Pickingセル

Bin Pickingシステムは簡単に再プログラム可能で、別の工作機械への使用も考えられます。

貴社のビジネスの成功のために、私たちと共に手を伸ばそう

全てをワンソースで、メーカーに依存しない

Roboceptionのインテリジェントカメラから、MAFU Automationの3Dセンサーまで。私たちは、Bin Pickingで貴社の柔軟性・効率性、従業員の安心感を最大化するための多種多様なモジュール式ソリューションを取り揃えています。そのため、お客様がこれらのメリットを享受できるよう、効果的かつ円滑な移行に必要なコンポーネントをソリューションに装備します。

 

KUKAと共にボックスの中に手を入れることで、多くの利点が生まれます。


お客様のご要望に応じたエンド・ツー・エンドのソリューション 

システムインテグレーターやお客様のために、フィージビリティスタディを含む完全構成を一手に引き受け、具体的なソリューションを実現します。

標準化されたBin Picking機能パッケージ 

CADモデルと3D/2Dビジョンシステムにより、様々なサイズの部品向けにあらかじめ定義されたコンポーネントを使用した低コストのソリューションを提供します。

効率性

人工知能による物体認識や並列経路計画、ロボットアームの無衝突移動により、サイクルタイムを短縮します。

高いフレキシビリティ

カスタマイズされたカメラメーカーとの接続により(例:Roboception、Keyence、ISRA Vision、MECH MIND、...)、お客様は非常に柔軟に対応することができます。また、ベルトコンベアから部品をピックアップすることも可能です。

簡単なハンドリング

例えば、smartPADに直接定義されたコンポーネントのおかげで、ロボットの基本的な知識しか持たない初心者でも簡単に統合や設定ができます。

確かな品質

インダストリー4.0関連ノウハウとグローバルなカスタマーサービスで、自動化をサポートし、さらなる情報提供をサポートします。

産業用ロボット、ソフトウェア、カメラ技術の完璧な相互作用

ボックスからの部品の自動取出しは、バルク材を多く扱う産業で高い応用力を発揮します。コンテナ内の商品はバラバラの状態や未選別状態であるため、3D画像処理システムとハンドリング用の産業用ロボットを組み合わせて使用しています。これにより、あらゆる種類のバルク材の自動ハンドリングが可能になります。画像処理システムと産業用ロボットの組み合わせは、多くのメリットをもたらします。このメリットを最大化することが私たちの目標です。

あらゆるグリッパーに対応する汎用性の高いロボット

KUKAは、お客様それぞれのご要望や適用分野に合わせて、様々な可搬質量やリーチを持つ 産業用ロボットを幅広く取り揃えています。


Bin Pickingアプリケーションを最適化するためのさらなる要素

Bin Pickingに生産をアップグレードしませんか?

お気軽にご相談ください

Bin Pickingが最も有効な作業は?

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定