国を選択してください:

KMP 600-S diffDrive

毎秒2メートルの最大速度でKUKAのモバイルプラットフォームKMP 600-S diffDriveは、速いだけでなく、レーザースキャナーと3Dオブジェクト認識によって最高の安全性の要件も満たしています。こうして無人搬送システムは、製造業イントラロジスティックを新しいレベルに引き上げています。


AGVによってモバイルの自由:ダイナミックな環境の中での物資の搬送

KUKAのモバイルプラットフォームKMP 600-S diffDrive は、製造業イントラロジスティックに新しい方法を切り開き柔軟性を高めています。「Automated Guided Vehicle」(AGV)としてKMP 600-S diffDriveは、 最大で600 キロまでの可搬重量でサポートします。 さらに、この無人搬送車は保護用の囲いが不要であるために、従業員に 最大限の動きの自由 を保証します。走行方向のレーザースキャナーは、前方のモニタリングを行ないます。サイクル時間が必要となる場合の 高速のバック走行,に、AGVは背面にスキャナーをもう一台オプションとして取り付けることができます。


人間とロボットのコラボレーションの能力を備えた車両は、フレキシブルにご利用になれ、有人の職場環境にあって安全です 

長い距離を移動するフォークリフトとしても、AGV組立システムにご利用になる場合でも、又は、食料品を搬送する場合でも:KUKAのAGVは、数多くのアプリケーションを備えています。

無人搬送車は社内ロジスティックにどのようなメリットがありますか?

無人搬送車は、必要な 商品と原料を完全に自動的に適時適所ににお届けします。無人搬送車は、身体的に負担の大きい搬送業務を引き受け、幅広い安全性の技術によって通路を従業員や従来のフォークリフトと分かち合うことができます。カメラに基づく3D-オブジェクト認識のご利用によって 既存の製造行の環境にシームレスに適合できます 。KMP 600-S diffDriveは、また、 3D-オブジェクト認識によって拡張可能です。このようにして無人搬送システムは、床上30ミリメートルから4メートルの間にある障害物を自律的に認識します。その際にKMP 600-S diffDriveは、製造業の厳しい日常に対して最良の装備を備えています:保護等級IP 54の履行により 、例えば、 飛沫やホコリに対して保護されています
  • 高い安全基準

    • 走行方向のレーザースキャナー
    • 二つ目のレーザースキャナーを背面に拡張可能
    • 4つの緊急停止
    • 車両の前後にそれぞれ8つのセーフティゾーン
  • 超高速

    • 無人搬送車の移動速度は最大毎秒2メートルである
    • オプションのレーザースキャナーによる高速のバック走行
    • 3秒以内で60ミリメートルまで持ち上げる統合型リフト装置
  • 保護等級IP 54

    • 製造業の平常に対する最良の装備
    • ホコリ(金属粉)などの異物に対する保護
    • あらゆる方向からの飛沫に対する保護
  • インテリジェントナビゲーション

    • 所有する全てのKUKAの無人搬送車に対応するフリートマネージャー・ソフトウェア
    • レーザースキャナーとあらかじめ作成された環境マップを使用するナビゲーション
    • 複雑な環境にあっても最速なルートの検出

ユニバーサルな長距離車両が数多くの細かいアクセサリーを装備する

  • 卓越したダイナミックな動作

    KMP 600-S diffDriveの特徴は、高いダイナミクスである。直線の場合は、速度が毎秒2メートルで最大加速度が1.25 m/s2最大制動減速度が1.5 m/s2 である。このようにして、運用効率を大幅に向上させることができ、内部輸送時間を短縮することができる
  • 高い位置決めの精度

    KUKA.NavigationSolutionを使用することでKMP 600-S diffDriveは、マーキングやリフレクターからサポートされることなく±10 mm の位置決めの精度 を実現できます。これによってこれは、数多くのロジスティックな製造分野に使用することができ、 ぴったりとした材料供給、自動的なドッキング、自律的な運転によって強い印象を与えることができます
  • 統合型リフト装置

    リフト装置は、KMP 600-S diffDriveでは既に内蔵されています。これで無人搬送システム(AGV)は、例えば、パレットやボール箱を3秒以内に60ミリメートル持ち上げることができます。 
  • あらゆる要求に応じたインターフェース

    KMP 600-S diffDriveは、多様な作業条件に接続することができ、このためにお客様が必要とする積載荷重を提供します。こうしてこれは、例えば、天井荷重の無人搬送車(Automated Guided Vehicle) として、台車としてまたは統合型リフト装置としてご利用いただけます。またこれは、ベルトコンベヤーを備え付けることもできます。その際に、無人搬送システムは、48 VDC、24 VDC、EtherCAT、I/O、STOを含めたアプリケーションの展開に対して数多くのインターフェースを提供します。 
  • リチウムイオンバッテリー

    どのKMP 600-S diffDriveも運転時間が約8時間で、一時間半で再充電できます。無人搬送車のバッテリーの特徴は、長いライフサイクルです。
  • 8つのセーフティゾーン

    KMP 600-S diffDriveの前後には、お客様が車両速度や用途に応じて調整できるそれぞれ8つのセーフティゾーンが設けられています。速度が保護フィールドの限界を超えると、KMP 600-S diffDriveは、損傷を避けるために停止します。

KUKAの無人搬送車:素早い運転開始と容易なメンテナンス

アプリケーションのプログラミングは、JAVAを使って行うことができます。KUKAのインテリジェントで自律的な車両は、 社内の材料の流れを最適にサポート できるように、まずは習得しなければなりません。KMP 600-S diffDriveは、シームレスなコントローラによって素早く容易に運転開始を行うことができます。メンテナンスも運転開始の時と同様に容易にできますキャスター、レーザースキャナー、サービスインターフェースの様な無人搬送車のコンポーネントへのアクセスは、 工具なしで 、点検、ファームウェアの更新、キャリブレーションおよび修理を目的として行うことができます。 

KUKA.NavigationSolution:お客様の無人搬送システム(AGV)のためのフレキシブルなソリューション

KMP 600-S diffDriveは、その際に、車両を自律的にナビゲーションする際に強みを発揮する理想的なパートナー KUKA.NavigationSolutionを備えています。ソフトウェアソリューションが、スマートな SLAM-アルゴリズム (位置測定とマッピングの同時の実行)によって 環境地図を作成します。このようにして これは、スペースの中の位置測定を(車両自体で)、また、全ての無人搬送車の調整を(中央コンピュータで)引き受けることができます。距離や速度といった情報を通して フリートマネージャーは、最良のルートを 道路網に見つけます。ソフトウェアはモビリティ分野のあらゆる要求をカバーします。

無人搬送車の自動ナビゲーション、管理、モニタリング

今、このソフトウェアについての詳細を知りましょう!

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定