KUKA Triple Lift

KUKA Triple Liftは、高さ8メートルまでの作業に対応する移動型昇降作業プラットフォームです。油圧式テレスコピックシリンダーによって、Triple Liftは無段階に調整できます。高度があっても非常に安定しています。そのため、いつでも最大限の安全性で作業できます。 

KUKA Triple Lift:非常に強力でフレキシブル

KUKA Triple Liftをお選びいただければ、非常に剛性に優れたプラットフォームを得ることになります。テレスコピックシリンダーがあるため、ほとんど揺れません。

かなりの自重があるにもかかわらず、このプラットフォームは最大負荷であっても即座に全方向にミリメートル単位の正確さで移動できます。このプラットフォームは無線制御で操作しますが、その際プラットフォームの横であっても、あるいはその上であっても問題ありません。

KUKA Triple LiftはMaintenance Repair and Overhaul(保守・修理・オーバーホール)、略してMROのために特別に開発されました。このプラットフォームは、A380のような大型旅客機を始めとする航空機の保守・修理・オーバーホールの際に使用されます。

メカナムホイールによる最大限の可動性

全方向メカナムホイール技術によって、KUKA Triple Liftは並進運動でも回転運動でも操縦できます。特殊なメカナムホイールは樽型の個別ローラーで構成されています。このため、他のホイールから独立した個別の動きが可能です。KUKA Triple Liftは即座に非常に狭い空間でも時間とスペースを節約しながら移動することができます。

稼働中のKUKA Triple Lift

KUKA Triple Liftがあれば、アクセスの難しい場所にも手が届きます。

KUKA Triple Liftのメリット

はるかに高く

油圧式テレスコピックアームは、どの作業位置へも無段階に移動できるようにします。最高上昇位置の8メートルまで到達するのにKUKA Triple Liftは120秒を要します。

安定

特別に設計された3アーム式リフトメカニズムにより、KUKA Triple Liftは有効荷重1,000キログラムまで極めて安定性と剛性に優れているため、効率的かつ安全な作業が保証されます。

精確

全方向メカナムホイール技術により、この移動型プラットフォームは高い可搬重量にもかかわらず、位置決め精度+/- 5 mmです。

フレキシブル

この移動型昇降プラォームは、個人の意向あるいは作業条件に従って、直接プラットフォームの上あるいはその横から無線遠隔制御によってナビゲートできます。

安全

Triple Lift は、昇降作業プラットフォームに求められる安全基準をすべて満たしています。衝突時は、オプションのセーフティエッジの付いたバンパーによって安全な停止が保証されます。その他にも、2チャンネル式速度モニタがさらなる安全性を提供します。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK