KUKA.RoboSpin

 アプリケーションソフトウェアKUKA.RoboSpinは、アルミ化合物のスポット溶接を可能にするソフトウェアKUKA.ServoGun用の拡張ソフトウェアです。このアプリケーションソフトウェアにより、TCP(ツールセンターポイント)周囲の回転動作を溶接工程中に実行します。薄板にキャップが付着するのを回避することで、溶接品質を改善し、また、キャップの寿命も延ばせます。

アプリケーションソフトウェアKUKA.RoboSpinにより、テクノロジーパッケージKUKA.ServoGun用の完璧な拡張機能が得られます。KUKA.RoboSpinを使って回転角度やプロセスタイムを数値で、またはティーチングによって自由に定義できます。コントローラがそれに基づいて必要な回転速度を算出します。これにより、ロボットは溶接中にツール中心点の周囲を回転することができます。

この回転動作により、溶接工程がより正確になります。KUKAが特許を取得したこのプロセスによって、アルミニウムのスポット溶接時に特有のキャップの付着効果が消えるため、一方ではフライス加工によるダウンタイムの短縮につながり、他方ではキャップ消耗の軽減にもなります。

KUKA.RoboSpinでのメリット

高品質溶接

キャップがプロセスに組み込まれることで溶接品質が向上します。また、KUKA.RoboSpinを使えば溶接の難しい薄板接続やそのコーティングも問題なく処理できます。

効率的な使用

溶接プロセスが改善されることでキャップが消耗から保護されるため、寿命を延ばせます。 


弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意