KUKA.PerceptionTech

KUKA社ロボットは、このソフトウェアとKUKA_3D Perceptionセンサーとの連携により周囲を認識し、物体を取り上げ、配置することができます。

KUKAと統合されたビンピックアップアプリケーション

周囲の認識、製品の取り上げ、そして別の場所への配置。お使いのKUKA社ロボットで、自動「箱内把持」を実現します。このビンピッキングアプリケーションにはロボットに加えて、

  • ロボット用ソフトウェア KUKA.PerceptionTech、
  • KUKA_3D Perceptionセンサーおよび
  • センサーソフトウェア _3D Perception.BinPickingが必要です。


KUKA _3D Perceptionセンサーと付属のソフトウェアは、標準化されたインターフェースによって他のキネマティクスとも互換性があります。

システムは把持面を自動的に認識します。

ロボットソフトウェア、3Dセンサおよびセンサソフトウェアの組み合わせにより、部品の平坦な表面を適切な把持面として認識し、ロボットにその情報を提供することが可能になります。エリアはシステムによって自動的に決定されます。ユーザーはこれに介入することはできません。

X、Y、Z、ならびにA、B、Cの6次元での把持エリアに加えて、部品が入れられている容器も認識されます。ソフトウェアはまた、部品の取り上げ箇所を確認し、コンテナに対しては衝突のない状態を保ちます。グリップエリアの品質は、KUKA _3D Perception.BinPickingを使用して手動でパラメータ化することができます。

KUKA smartPAD での簡単な初期稼動

このアプリケーションは、物流や消費財の分野の要件に理想的に対応しますが、他の業界や用途にも適しています。KUKA SmartPADで直接わずかなステップを行うだけで稼動を開始できます。このためには、画像編集に関する特別な知識は必要ありません。お客様は次の作業を行う必要があります。

  • キャリブレーションを行う。
  • 部材(SKU)および容器(LC)のためのオブジェクトマネジメントを行う。
  • ロボットが作業を行う領域を定義する。
  • 認識テストを行いパラメータを最適化します。
  • 付属のサンプルプログラムを調整します。

外部計算無しでの自動把持と配置

KUKA _3D Perceptionセンサーと組み合わせることで、 KUKA社ロボットは、 単品種の物体を把持できる、適切なエリアを自動的に認識します 。ロボットは、吸引グリッパでこれらを取り上げ、 他の場所に配置します。アプリケーション全体に対して、外部の処理用コンピュータを必要としません。データはすべてセンサで直接処理されます。 

KUKAによる箱内自動把持(ビンピッキング)のメリット一覧 


  • LCおよびSKUのオブジェクト管理

    ロードキャリアとSKUの設定は、各自で行うことができます。

  • 安価かつ効果的なアプリケーション

    単品種部品のビンピッキングのためのこの低コストなソリューションにより、生産性の面で大きな効果が得られます。
  • 簡単で迅速な初期可動

    ビンピッキングアプリケーションの設定は、SmartPADで直接、わずかなステップのみで行えます。
  • すべてを内製することで実現されるKUKAの品質 

    KUKAトータルパッケージにより、ハードウェアとソフトウェアが相互に調整されたトップレベルのソリューションを入手できます。

ビンピッキングアプリケーションを使用するための前提条件 

  • KUKAシステムソフトウェア8.5とロボットソフトウェアKUKA.PerceptionTechを搭載したKUKA社ロボット。
  • 3Dリアルタイム認識、3D測定、室内での位置合わせを可能にするKUKA _3D Perception センサー
  • センサーに直接インストールされた、KUKA _3D Perception.BinPickingソフトウェア。 

ソフトウェアのアクティベーション

アプリケーションを起動する前に、センサーソフトウェア KUKA _3D Perception.BinPickingをわずかなクリックで有効にする必要があります。これには、3DセンサーのMACアドレスとビンピッキングソフトウェアに付属のアクティベーションIDのみが必要です。

アクティベーションの開始

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意