KUKAのリニアキネマティクス

KUKAはお客様のオートメーション化のニーズに完璧に合わせることのできる多様なリニアキネマティクスの包括的な製品ラインを提供しています。マシンとプラント間の作業工程を効率的に連結するために、さまざまなストロークの長さや追加オプションを使います。

KUKAのリニアキネマティクスにより、射出成形機、工作機械、後続の加工設備間の自動化した作業工程の連結の際に最高のプロセス効率が得られます。このため、リニアキネマティクスは自動装填・取り出し、回転、移送などのタスクに最適です。標準モジュールを組み合わせることで、エリアガントリーソリューションや2軸型の装填・取り出しロボットも実現できます。

KUKAリニアキネマティクスで汎用性が約束されます。16~600キログラムの可搬重量、+/- 0.1~0.3ミリメートルの繰り返し精度、さまざまなストロークの長さのものをお求めいただけます。ロータリー追加軸やさまざまなグリッパー装置で設備をニーズに合わせてフレキシブルに調整できます。

連結およびハンドリングにおけるリニアキネマティクス

リニアキネマティクスは多種多様なアプリケーションでの連結およびハンドリングに理想的です。

KUKAのリニアキネマティクス:メリット

大きな範囲をカバー

弊社のリニアキネマティクスでは、その軸の最大リーチによって大きな作業領域をカバーすることができます。軸1は例えば最大45,000ミリメートルのリーチがあります。軸2は500から部分的に2,000ミリメートルまで、軸3は3,000ミリメートルまでのリーチがあります。

すっきりとしたシルエット

非常にすっきりとしたシルエットにより、スタンド固定用の空間を除いたロボット下方の作業領域をすべて利用できます。それによって最大限のアクセスしやすさが実現され、動作範囲が拡大されます。

幅広い選択肢

弊社のリニアキネマティクスは幅広い領域をカバーしています。軸3で可搬重量16~600キログラムのものをお求めいただけます。さまざまなリーチと仕様のものも製品ラインに取り揃えています。これにより、数多くのアプリケーションの可能性を切り拓きます。

多様な拡張

KUKAのリニアキネマティクスはオプションで拡張でき、搬送軸および横軸に対して大きな移動型の追加負荷を実現します。ロボットのサイズに応じて、搬送軸は1,100キログラムまで、横軸は375キログラムまでの負荷に対応します。

リニアキネマティクス:技術データ


可搬重量
制御可能な軸数 繰り返し位置決め精度 重量*
RL16 16 kg 3 ± 0.1 mm 305 kg
RL50 50 kg 3 ± 0.1 mm 650 kg
RL80 80 kg 3 ± 0.1 mm 1200 kg
RL130 130 kg 3 ± 0.2 mm 2450 kg
RL300 300 kg 3 ± 0.3 mm 2450 kg
RL600 600 kg 3 ± 0.3 mm 2500 kg
* 重量は最小ストロークを含む基本装置に関連するものであり、拡張ストローク、土台、ロボット追加軸は含まれません。

お客様固有のリニアキネマティクス

リニアキネマティクスについての詳細情報をご希望ですか?または、個別調整の可能性や特殊ソリューションについての詳しい情報をお求めですか?KUKAはあらゆるニーズに対してカスタマイズされたソリューションを提供します。ぜひご連絡ください。お客様に合った設備を一緒にお探しいたします。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意