多機能エンドエフェクター(MFEE)

多機能エンドエフェクターは航空機製造における自動の穿孔、皿穴加工、シーラント塗布およびリベットの固定のためのソリューションです。これは重要な取付け工程を担い、それを自律的に最高精度で実行します。

多機能エンドエフェクター:マルチ組立てのプロ

多機能エンドエフェクターは固定型のセルの一部、共同作業するリベット固定ロボットとして、また、KUKA移動型ロボットプラットフォーム上で使用できます。統合されたモジュールにより、主翼、ドア、胴体などの航空機部品における重要な取付けタスクを問題なく自主的にこなします。

KUKA多機能エンドエフェクターのメリット

汎用性と柔軟性

弊社の多機能エンドエフェクターには設定可能なバレルが装備されています。これはさまざまなタスクのために、6つのポジションとさまざまなモジュールを備えています。

迅速で信頼できる

KUKA多機能エンドエフェクターがあれば、取付けの高い品質に間違いはありません。これは難しい取付けタスクも軽々とこなします。

完全自動化

KUKA多機能エンドエフェクターにより、穿孔やリベット固定をあっという間に自動化できます。これは適切な機能を自律的に選択し、切り替えます

多機能エンドエフェクターのコンポーネント

KUKA多機能エンドエフェクターは、穿孔やリベット固定用の6つのポジションを備えた、フレキシブルで再設定可能なバレルを装備しています。バレルにはスピンドルモジュール、ビジョンモジュール、シーラント塗布モジュール、リベット固定モジュール、品質モジュールまたはハンマーモジュールのさまざまなモジュールが装備されています。フライス加工、計測、その他多くのタスクに対しても、適合するエンドエフェクターが用意されています。

穿孔モジュール:正確な位置決め

KUKA多機能エンドエフェクターはさまざまな直径の穴をあけます。すべての穿孔モジュールは同じ穿孔スピンドルに合致します。

穿孔スピンドルの動作は精確な駆動系によってコントロールされます。これにより、何度繰り返しても高い精度と品質を保証します。

多機能エンドエフェクターの穿孔モジュールは最大のフレキシビリティを実現します。

リベット固定ユニット:強力な保持

KUKAの多機能エンドエフェクターは特殊なリベット固定ユニットで作業します:バキュームシステムがモジュールでリベットを保持し、これを打ち込み時に自動的に供給します。このようにしてソリッドリベット、パスリベット、ブラインドリベットを最高の正確さで使用できます。

多機能エンドエフェクターは部品を接合し、その際に完璧な保持を約束します。

スリップ調整と標準調整

多機能エンドエフェクターにはスリップ調整と標準調整があります。これがアナログセンサーとレーザー計測によって高速エンドエフェクターを安定させ、バレルの自由な動作時の正確な位置決め工程を保証します。同時に、後部は絶対に安定した状態を維持します。

スリップ調整と標準調整用のセンサーが安定性と精度を約束します。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意