KUKA LBRリニア軸

LBRリニア軸は、LBR iiwaの動作範囲を広げます。当製品は簡単に取り付けられ、人とロボットのコラボレーション(HRC)にも全自動化にも使用できます。 

LBRリニア軸は、フレキシビリティを大幅に向上させます

既存の設備は大部分が人間の作業場として設計されています。従って、生産のフレキシブルな自動化をするためには、ロボットの動作範囲拡張が不可欠です。

KUKAは、この問題にリニア軸で対応しており、しかも同時に人とロボットの協働を可能にしています。床または天井取り付け型で、5メートルまでの移動経路が、既存設備へのスムーズな統合を可能にします。最高毎秒1.5メートルの搬送動作で、サイクルタイムが重要である業務の自動化も可能にします。このため、当システムは全自動としてでも人とロボットの協働としてでも使用できます。必要な保護措置は既にロボットに搭載されています。

安全性と簡単な組み立て

LBRリニア軸には、稼動部品に従業員が挟み込まれることなどを防止するハウジングが装備されています。移動車両はKUKA LBR iiwaに合わせて調整されています。既製の組み立てキットを含む軽量軸は、取り付けを容易にし、ガントリーシステムへの取り付けも問題有りません。

LBRリニア軸:インテリジェントなリニアユニット

ロボットの位置決めおよび移動速度は、セーフティーモジュールで確実に監視することができます。エラーが発生した場合、システムは確実に停止します。これは、全機能は高性能に設計されているからです―構造カテゴリー3のパフォーマンスレベル”d”に適合

これにより人間とロボットの協業における安全要件に基づいたインダストリー4.0ソリューションを提供します。

 

 

LBRリニア軸はLBR iiwaの動作範囲を大幅に広げます。

LBRリニア軸のメリット

  • 省スペースかつ迅速な統合
  • 軽量でコンパクトな構造
  • 人とロボットの協業(HRC)用に最適なデザイン
  • 最大5メートルのモジュール式距離オプション
  • 最大毎秒1.5メートルの移動速度
  • 完全に内蔵されたエネルギー供給システム
  • モジュール式システムによる最大の柔軟性

HRC運用向け機能

  • 内蔵されたエネルギー供給
  • エネルギーオプション:電気、空圧
  • 挟み込み防止処理
  • KUKA LBR iiwa R800/R820用の移動車両
  • 軽量設計で、柔軟な取り付け位置
  • 搭載された安全機能(セーフ・ベロシティー、セーフ・ポジション、セーフ・トルクオフ)
  • 最適化されたロボットポーズでの搬送動作
  • HRC仕様ハウジングによる高い耐荷重

LBRリニア軸の技術データ

使用可能ロボット台数
2*
動力伝達ベルト
取り付け位置床/天井
最大定格ストローク5,000mm
位置精度± 0.1mm
最大可搬重量100kg
最高速度1.5 m/s**
重量約40kg/m
周辺温度10°C ~40°C
保護等級IP40

*お問い合わせください

**HRCアプリケーションによる

納品内容

  • 床および天井取り付け用の土台ホルダー
  • ロボット1または2台用の機能ユニット
  • 接続フランジ付き移動車両
  • HRCハウジング
  • セーフティーエンコーダー付き駆動ユニット

オプション

• 取り付けキット(据え置き/ぶら下げ)
• 安全技術関連制御ユニット

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意