鋳造所用浸漬式冷却槽

増加する生産への需要とエネルギーコストに対応するため、KUKAは新しい鋳造用浸漬式冷却槽を開発しました。前Reis Robotics社の実績のある品質を維持しながら、継続的に開発を行います。

「自立型」と「従来型」

「自立式」浸漬式冷却槽では、サーマルプレートが冷却槽に吸収された熱エネルギーを取り除きます。この水-水熱交換器は、鋳造所の冷却回路に直接接続されており、電気的な接続や追加の媒体なしで動作します。

より高い冷却能力が必要とされる場合には、独立した熱交換器を備えた「従来型」浸漬式冷却槽を使用することができます。

浸漬式冷却槽が鋳造所での工程を簡素化

「自立型」冷却槽の特長

  • サーマルプレート内の冷却水が部品と接触しないため、フィルターや循環ポンプが不要
  • コンポーネントの清掃が容易
  • ポンプやアクチュエータが不要なため、すぐに使用可能
  • 機械的フロートバルブによる浸漬式冷却槽の自動補充
  • サーモスタットバルブによる自動温度制御
  • ステンレス仕様
  • オプション:空気式下降ストロークまたはプレート式熱交換器による冷却が可能

「従来型」冷却槽の特長

  • 最高の冷却能力モデル
  • 機械的フロートバルブによる冷却槽の自動補充
  • サーモスタットバルブによる自動温度制御
  • ステンレス仕様
  • オプション:空気式下降ストロークまたはプレート式熱交換器による冷却が可能

要望に対応するサイズ展開
SからXLまでの4つの標準サイズから選べます。データシートをダウンロードし、ニーズに最も合ったタイプをお選びください。

冷却槽は4つのサイズ展開
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定