KUKA移動型ロボットプラットフォーム(MRP)

KUKA MRPで、弊社はモビリティとロボット精度を組み合わせます。弊社の移動型ロボットプラットフォームは自動の穿孔、皿穴加工、シーラント塗布、また、ソリッドリベット、パスリベット、ブラインドリベットの固定のための最先端の生産システムです。

KUKA移動型ロボットプラットフォーム:Industrie 4.0へようこそ

KUKA MRPは航空機構造の自動の穿孔やリベット固定を可能にします。このプラットフォームは、実証済みの定評ある製造テクノロジーをフレキシブルなオートメーション化と組み合わせます。これは効率性向上およびIndustrie 4.0の成功例と言えます。

MRPの使用

KUKA移動型ロボットプラットフォームはそのスペースを利用して、すぐに現場に到達します。 

移動型ロボットプラットフォームのメリット

KUKA MRPはご希望に応じて手動(内蔵されたエアクッションにより)あるいは全自動(AGV/KUKA omniMoveを使用)で必要とされる場所へ移動させることが可能です。これは作業手順を最適化し、スペースを最適に活用して、貴重な生産時間を節約します。さらに次のメリットが得られます:

すぐに使用可能で生産的

KUKA MRPを使用すれば、穴パターンの手動でのインストールが不要になります。穴の大きさおよびお客様のプロセスに応じて、非常に素早く穿孔したり、リベットを固定したりすることができます。それによって航空機の組立てにおいて時間が節約され、生産性が向上します。

プロセス効率が良く、省スペース

この移動型ロボットプラットフォームは、製品に必要なツールおよび接続エレメントをすべて運びます。そのため、航空機部品の大きさによって生じる物流的課題が回避されます。

フレキシブルで精確

KUKA MRPはどの穿孔・リベット固定プロセスでも、お客様のニーズに合わせて導入可能です。特に、このプロセスが手作業では困難である場所に適しています(例えばチタンへの穿孔の場合や環状の穿孔など)。このようにして、効率を向上させ、作業員の身体的負担を軽減し、常に最高の品質を達成することができます。

KUKA MRP:コンポーネント

この移動型ロボットプラットフォームは、航空機構造を組み立てるためのあらゆる特性を備えています。次のコンポーネントがそれを可能にします。

エアクッション:正確な位置決め

内蔵されたエアクッションを使って、MRPを希望の場所へ動かすことができます。比較的長い移動ルートの場合は電気牽引車も使えます。

ドリルおよびリベットタイプ供給システム:迅速に交換

各種ドリルタイプおよびドリル直径に対応するドリルマガジン、また、各種リベットタイプ用のリベット交換システムにより、さまざまなドリルやリベットタイプを素早く簡単に交換できます。

この供給システムには、さまざまなドリルやリベットタイプが用意されています。

多機能エンドエフェクター:どのような場合にも準備万端

KUKA MRPには、KUKA多機能エンドエフェクター用の収納部もあります。このエンドエフェクターは速度、再現可能な精度、高品質およびフレキシビリティを提供します。スリップ調整と標準調整を備えた高速バレルエンドエフェクターは、6つのポジションとさまざまなモジュールを備えた、フレキシブルで再設定可能なバレルを装備しています。各ポジションには次のモジュールのうちのいずれかを装着することができます:

  • スピンドルモジュール
  • ビジョンモジュール
  • シーラント塗布モジュール
  • リベット固定モジュール
  • 品質モジュール
  • ハンマーモジュール
KUKAの多機能エンドエフェクターは最大のフレキシビリティと精度を実現します。

ロボット用の高度移動軸:全方向に可動

KUKA MRPでは、大型仕様の両方にZ軸があり、これがマシンのリーチを大幅に拡張します。

Z軸はKUKA MRPにリーチとフレキシビリティを追加します。

レーザースキャナー:周囲の安全のため

KUKA MRPには、お客様向けソリューションによっては、ロボットを含むMRP周辺を監視するレーザースキャナーも装備されています。監視範囲の大きさは、作業ステーションに合わせて個別に調整することができます。MRPの操作パネルは安全ゾーン外にあり、オペレーターが常にアクセスできるようになっています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意