Industrie 4.0 bij KUKA

KUKAのインダストリー 4.0

インダストリー4.0は、インターネットがコミュニケーションにもたらした時と同様に、今までの価値観を打ち砕くようなインパクトを工業生産にもたらすでしょう。そのためKUKAは何年も前から、モビリティという未来志向の分野で人とロボットの協働(Cobotics)を推進。移動型コボットは今日すでに周辺環境にインテリジェントに対応しています。

「インダストリー4.0対応」

次世代のインテリジェントマシンには、通常の産業用ロボットの機能に加えモノのインターネットにおけるサイバーフィジカルシステム(CPS)を特徴づけるあらゆる機能を装備。また、さらなる知能を持ち、より高い精度で動作を制御することができるようになります。KUKAはこのような能力を持つロボットを「インダストリー4.0対応」と呼んでいます。
次の産業革命の背後にあるビジョンは、人間と機械を生産においてネットワーク化し、システムの最大限の柔軟性を必要とします。KUKAは長年にわたりこのビジョンの現実に取り組んでおり、その中心にあるのがコボットやプラットフォームなど、産業用ロボットのイメージとはかけ離れたインテリジェントマシンです。人間と協力したり移動したり、両方の能力を兼ね備えており、そしてクラウドからの知識を利用します。

KUKAの生産で活躍するKMR iiwa

KUKAのロボット生産においてインダストリー4.0を実証する移動型プラットフォームKMR iiwa

KUKAの移動型ロボット

インダストリー4.0においては、インテリジェントな移動型ユニットが独立して作動。移動型プラットフォーム上のロボットは自律的に動き、自ら目的地を見つけます。ミリ単位の精度でワークに位置を合わせたり、例えば従来コンベアなどに乗せ移動していたワークピースに対しては、ロボットが固定されたワークの方へ移動し作業を行うなど、従来の生産ラインのあり方を根本的に変えることが可能です。

KMP omniMoveなどのKUKAの移動型自動化ソリューションは、あらゆる方向への無制限の操縦性やロボット自身の回転を可能にします。前後左右斜めと全方向に走行可能な車輪構造により、車両は車輪の方向を変えることなく移動でき、どんなに狭いスペースでも遠隔操作により全方向へ操縦が可能。従来の車輪に比べ必要なスペースが最大50%削減できます。

敷地内物流用のKMP omniMove車両は、100kgから最大100tまでの荷物を軽々と持ち上げます。10種類の車種があり、自動運転ナビゲーションや車両管理など、さまざまな要件に合わせたオプションパッケージを提供しています。

LBR iiwaを使ったHRC(人とロボットの協調)
KUKAのコボット

従来の産業用ロボットの機能に加え、LBR iiwaやLBR iisyなどの次世代のインテリジェントマシンには、タスクを自動化する速度と容易さを大幅に向上させる機能が備わっています。また、さらなる知能を持ち、より高い精度で動作を制御することができるようになります。KUKAはこのような能力を持つロボットを「インダストリー4.0対応」と呼びます。

*LBR iisyは、2021年後半から一部のお客様向けのiiQKA Pre-Launch Packageに含まれ、2022年中に利用可能になります。詳細については、iiQKAのページを参照してください。

次の産業革命の背後にあるビジョンは、人間と機械を生産においてネットワーク化し、システムの最大限の柔軟性を必要とします。KUKAは長年にわたりこのビジョンの現実に取り組んでおり、その中心にあるのがコボットやプラットフォームなど、産業用ロボットのイメージとはかけ離れたインテリジェントマシンです。人間と協力したり移動したり、両方の能力を兼ね備えており、そしてクラウドからの知識を利用します。


Industrie 4.0 bij KUKA: met de LBR iiwa is een directe samenwerking tussen robot en mens mogelijk.
LBR iiwaがロボットと人の直接的共同作業を実現

モビリティとHRCの出会い

インダストリー4.0の主な追加機能のひとつである移動型コボット。周辺環境にインテリジェントに対応し、自律的に移動することができます。

KUKAの移動型コボットのスペクトルは、LBR iiwaやLBR iisyのような手動で動く軽量ロボットから、KMR iiwaのような自律型のシステムまで広範囲に及びます。新世代の移動型ロボットには、幅広い用途があり、すでに自律的にロジスティクスタスクを実現し、人と直接連携もしています。今後はオフィスやサービス部門への展開も考えられます。

KMR iiwaのような産業アプリケーションに適した移動型コボットは、生産環境におけるロボットの既存の境界を打破。SLAMナビゲーションを備えており、パスを定義するための静的なフロアマーキング、誘導ループ、磁石が不要。ロボットは周囲の地図を独自に作成し、その知識をグループの他のユニットと共有。これによりネットワーク化された共有の「動作およびルートプラン」が作成され、すべてのロボット動作を調整して実行できます。

Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定