メガトレンド: デジタル化

デジタルテクノロジーは、個人・経済生活の多くの領域になくてはならない存在です。産業生産において、デジタル化は設備、システム、プロセスをネットワーク化し最適化する、まったく新しい可能性の扉を開きます。

デジタル変革: 変革のさなかの生産

デジタル変革はほとんどすべての領域と企業に到来し、それは特に生産において大きな変革をもたらします。

デジタル化されたプロセス、ならびにデジタルデータの目的を持った収集および解析は、開発から製造、そしてメンテナンスまで、未来の生産環境に対して決定的な役割を果たします。

そのようにして、製品、作業工程、物流を最適化し、柔軟に新しいビジネスモデル、顧客の要望、市場の状況に適合させることができます。

インダストリアルIoTによるデジタル化

すべての設備、システム、プロセスは、「インダストリアルIoT (IIoT)」を使用してクラウドプラットフォーム経由でシームレスにネットワーク化し、制御することができます。センサー、アクチュエータ、ネットワークコンポーネントなどは、個々のコンポーネントならびに生産プロセス全体の状態に関する貴重な情報を提供します。

互いの直接的やりとりは設備と人間に、アクティビティを状況に合わせて適合し、生産プロセスを自立して最適化することを可能にします。生産設備の管理者と従業員も、全体的に処理され可視化されたデータから、重要な情報と行動ステップを導き出すことができます。

それによって、生産工程の障害が最小限に抑えられ、製造の効率性、品質、稼働率が持続的に上昇します。

KUKAのIIoT能力によって未来の生産をデザインする

幅広いKUKAの生産とサービスは、産業生産プロセスのデジタル化とネットワーク化を可能にします。それは、継続して開発されているソフトウェアツール「KUKA SmartProduction」などによるシミュレーションサービスから、独自のクラウドプラットフォーム「KUKA Connect」にまで及びます。

それに加えて、KUKAの専門家がご要望に応じて総合的コンサルティングプロジェクトの枠組みの中で、デジタル化 / ネットワーク化された生産の世界へと歩みを進めるお手伝いをいたします。

スマートでネットワーク化された環境: 未来の生産におけるインダストリアルIoT。
Cookie設定 同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

Cookie設定