メガトレンド「人口構造の変化」

人口構造の変化は、多くの重大な変化を内に秘めています。特にさし迫る職人不足問題は今後数十年間で重要な要因となり、企業は効果的な戦略を立てる必要があります。

人口構造の変化がもたらす高齢化社会

減少する子供の数に対し、高齢者数が増え続けるという高齢化社会。
とりわけ工業先進国や新興国では人口構造の変化という重要な側面に対し、さらなる対処を行っていく必要があります。

医療の発展と健康を意識したライフスタイルにより、平均寿命は過去50年間で世界的に上昇。それに追い打ちをかけるように出生率は、とりわけ先進国と新興国で大幅に低下しています。65歳以上の人口の割合は、世界中の多くの国々で2060年までに全人口の約20~30%になることが予測されています。

出典:United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division (2017).World Population Prospects: The 2017 Revision.

職人不足に左右されない長期的な生産性

将来的に熟練の職人は減り続け、この人口動向は労働市場にも深刻な影響を与えることになります。

さし迫る職人不足に対処するために、企業は従業員の健康、専門能力、モチベーションを維持し改善するだけでなく、若い労働力に対する魅力的な雇用主となる必要があります。

さらに、様々なジョブとプロセスを自動化することにより必要人数を減らし、既存の労働力を自動化が困難な仕事に配置することができます。

未来の生産システムを強化する自動化とヒューマン・ロボット・コラボレーション

特に製造業においてインテリジェントな自動化ソリューションは、魅力的な労働環境を作り出し人員不足を防ぐのに貴重な役割を果たします。

単調で繰り返しの身体的に負担となる作業を自動化することにより、人間の能力と長所を他の領域に使用し、従業員の健康とモチベーションを促進することができます。

特にヒューマン・ロボット・コラボレーションの枠組みで従業員と協力して働く、繊細な協働ロボット (Cobots) は、専門スタッフを更に配置することなく生産性を向上させ、まったく新しい可能性を提供します。同時に、従業員の肉体的および精神的な負担を軽減し、一定した高品質な生産結果を可能にします

あらゆる用途で直感的に操作可能なKUKAのテクノロジー

自動化ソリューションを効率的で持続的に未来の生産環境に統合するためには、柔軟で適合性があるテクノロジーと、直感的に操作可能なユーザーインターフェースが必要になります。

KUKAは産業用ロボットや生産システム全体を簡単にプログラム、操作、改良する幅広い製品ラインアップやサービスを提供しています。シミュレーションによるプログラミングが可能なready2useパッケージや協働作業が可能な軽量ロボット、総合的なサービスなど、未来の生産環境で生まれる課題に備えを!

「Future Production Landscapes」では、人間とロボットが互いに協力して働きます。
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定