メガトレンド: 個別化

繁栄の増進によって、個人の自己実現と自由は重要性を増しています。個別化の傾向は消費者行動にも決定的な影響を与えます。個別の顧客ニーズは従来の大量生産によってでは満足させることができず、生産の革新的なアプローチを要求します。

特注の大量生産

個別の顧客ニーズに対応し、同時に高い費用効率を維持するために、企業は顧客中心のビジネスモデルを展開し、インテリジェントで柔軟な生産テクノロジーを使用する必要があります。

特注の大量生産 (マスカスタマイゼーション) の目的は、設備全体の効率性を維持することです。稼働率、パフォーマンス、品質などの重要な要素は、純粋な大量生産と比較して劣ってはいけません。さらに、魅力的な投資利益率とできる限り短縮された市場化が、新しい製品および製品バリエーションに対して保証されていなくてはいけません。

その鍵は高い規格化レベルと自動化レベルにあり、それは同時に顧客に合わせた製品特徴のバリエーションのための余地を残します。顧客に個別の製品構成をモジュラーシステムに基づき提供するモジュール化のコンセプトも、高い品質と大きな量で個別の顧客ニーズを満たす、費用効率の高い選択肢です。

マスカスタマイゼーション: 大量生産または単品生産に代わる効率的な選択肢。

インダストリアルIoTとスマートプロダクション

インダストリアルIoT (IIoT) は、個別化されたコンポーネントと単品を高い品質で、それでも採算がとれるように製造する可能性を生み出します。そこでは、伝統的な生産設備が、生産プロセスをスムーズに短期間で適合させることができるスマートファクトリーによって置き換えられます。

KUKAによって開発されたマトリックス生産では、インテリジェントな自動化ソリューションとネットワーク化されたプロセスチェーンが、工業規格の高い汎用性を持つ生産を可能にします。全生産設備ならびに個々の機械とロボットは、待ち時間または生産停止なしで、アドホックに変更される製品タイプに変換することができます。それによって、異なる少ロット、モジュール、個別部品の生産が、産業マスカスタマイゼーションの枠内において実現可能になります。

SFaaS: Smart Factory as a Service

さらに、「Smart Factory as a Service」のコンセプトは一歩先を行きます: 拡張可能で全自動で適合性を持つ生産能力は、変化するコストに対してサービスとしてみなすことができます。そのようにして、新しい製品バリエーションを素早く柔軟に低リスクで必要に応じて製造することができます。

KUKAは、すでに今日において「Smart Factory as a Service」のコンセプトへの洞察を提供しています。協力パートナーのMHPおよびMunich Reとともに、KUKAはスマート工場のプロトタイプをミュンヘン (ドイツ) で稼働しています。この場所では、関心を持っている人々に対して会社のイベント、セミナー、専門家による公演が開かれています。

「Smart Factory as a Service」は柔軟な生産プロセスを可能にします。
Cookie設定 同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

Cookie設定