メガトレンド: 経済力の移動

ここ数十年間でグローバルな経済秩序は変化しました: 新興国および発展途上国は、重要な販売市場に成長し、グローバルな経済成長に決定的な貢献をしています。未来の生産にとってチャンスであり同時に課題でもあります。

グローバルな生産の増加する複雑性

多くの国々は以前は主に先進国への輸出用に製品を生産していましたが、今ではそれらの国自身が魅力的な販売市場へと成長しました。特に、新興国の購買力はますます先進国の購買力に近づいており、それによって消費財の需要も増加しています。 

世界的な需要と、現地固有の顧客要求に対応するために、グローバルな生産拠点・ネットワークが不可欠になりました。グローバルな生産拠点・ネットワークは、異なる生産・価格政策、ならびにローカライズされた供給・流通網による効率向上を可能にします。

同時に、生産プロセスのコントロールとモニタリングは、より複雑になります。標準規格とプロセスはグローバルに導入・監視されなければならず、その際には適合と発展に対する柔軟性を十分に提供する必要があります。

グローバルな生産拠点を管理する

生産会社はそのプロセスを世界中で最適化し、同時に現地の生産拠点の要求と実情を考慮することができるのでしょうか?

その鍵は柔軟な自動化 / IIoTソリューションの現地に合わせた投入にあります。

拠点を横断する生産のコントロールを保証するためには、標準化がある程度まで必要です。同時に、生産ソリューションはシームレスに現地のインフラに統合される必要があり、国境を超えて簡単に理解・使用できなくてはいけません。

グローバルな拠点は、標準化と地域化の正しいバランスを必要とします。

システムとプロセスがすでに未来のグローバル生産に対応していますか?

どのような課題に直面していようとも、KUKAがあなたの企業を先駆的で柔軟なテクノロジーと、世界中に広がる専門家チームによってサポートいたします。

生産設備を新しい拠点に設置し、個々の生産段階に対する適切な自動化ソリューションを見つけ出し、ソフトウェアアップデートを生産を中断させることなく世界中で実行する ― それがどのような課題であるかは関係ありません: KUKAとともに、明日の生産の世界に対して今日から万全に準備してください。

Cookie設定 同意

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

Cookie設定