メガトレンド「資源不足」

世界人口の増加と世界経済の繁栄により、金属や工業鉱物などの天然資源は供給限度に達しています。製造業者は環境負荷を低減し、長期的に競争力を保つために、これらの資源を効率的かつ持続的に取り扱う必要があります。

需要増加による資源不足

鉱物資源、金属資源、化石資源は、限られた量しか存在せず、自己再生させることはできません。増加する人口と、産業財および消費財のグローバルな需要は、これら天然資源の不足をもたらします。

水、空気、土地などのその他の天然資源の品質は、経済的利用によって長期にわたって悪影響を受ける可能性があります。増加する、しばしば持続可能でない利用によって、これらの資源においても高品質な形で手に入れられる規模はますます減少しています。

批判的で部分的に不可逆的な環境破壊の他に、増加する資源消費は市場における値上げを招きます。とりわけ、高いエネルギー・材料消費を持つ生産企業は、値上げを痛感させられます。

この理由から、資源の効率的で持続的な取り扱い代替エネルギー担体および材料の使用が、グローバルな競争力を保つためにますます重要性を増しています。

持続可能な資源の利用: 社会と産業のための核心。

現代的テクノロジーとイノベーションが高い資源効率を促進

現代的テクノロジーならびに持続可能性と未来志向の考え方の戦略的埋め込みが、調達から生産、そして流通、廃棄、リサイクルまで、天然資源をより効率的で持続的に利用することを産業企業に可能にします。

工程と物流の最適化によって、例えば材料、エネルギー、水のコストを低下し、廃棄物と傷物を減少させることができます。「Smart Factories」と「Industrial Internet of Things」は、リアルタイムに最適化される、非常に効率的な生産工程を可能にし、そこでは資源の慎重で意図的な取り扱いが定着しています。

プロダクトデザインにおける革新、および代替材料の開発も、不足する資源を巡るグローバルな競争を緩和し、経済および環境面での有利な付加価値を生み出すことに貢献します。

KUKAによる優れた資源効率

KUKAは日々インテリジェントな自動化ソリューションの開発と実現に取り組んでいます。それは、企業を世界中で支援し、価値創造プロセスを最適化し、経済的効率を上げ、同時に資源の責任を持った取り扱いを可能にします。

産業ロボット「KR QUANTEC」などの柔軟に使用可能で高いエネルギー効率を持つ製品、または「KUKA Connect」などの生産・エネルギー最適化のためのインテリジェントなソフトウェアソリューションが、例として挙げられます。また、KUKAは製品を持続可能な方法で廃棄およびリサイクルするためのサービスも提供しています。

生産・サプライチェーンにおいて省資源の基準を満たす、またはそれを超えるために、自社の拠点で持続可能な環境・エネルギープログラムが実現されます。

Green Robotics: KUKAは持続可能な自動化ソリューションに重きをおいています。
Cookie設定 了解してKUKAを発見する

オンラインでも最善のサービスを提供するために、このウェブサイトはCookieを利用しています(詳細)。引き続きこのウェブサイトをご利用なさる場合、当社は技術的に必要なCookieだけを使用します。「了解してKUKAを発見する」をクリックした場合、さらにマーケティングCookieの使用に同意したものとします。「Cookie設定」をクリックすることで、当社の利用するCookieをお客様が選択できます。

Cookie設定