KUKA AGのマネジメント

KUKAマネジメントは取締役会の2名および11名の役員がいる監査役会で構成されています。

KUKAマネジメントは透明性が高く責任ある会社経営を目指しています。コーポレートガバナンス指針が適用されています。

ドイツの株式会社であるKUKA AGは、二重のマネジメントシステムを採用しています。マネジメントは取締役会と監査役会で構成されています:

  • KUKA AGの取締役会は2名で構成されています。取締役会は会社経営の責任を負い、監査役会から任命され、助言および監視されます。
  • 監査役会はドイツの共同決定法に基づき11名の役員で構成されています。株主および従業員から6名ずつ役員が選出されます。

KUKAマネジメントの共通の目標は、持続可能な企業価値の上昇です。サステナビリティ(持続可能性)とは、ここでは特に、KUKAの企業環境、従業員、顧客、株主およびパートナーと責任感を持って付き合っていくことを意味します。

KUKAの取締役会および監査役会の役員についての詳細は以下からご覧ください

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

同意