KUKA AGの戦略

KUKAはグローバルトレンドをうまく利用し、自社ノウハウを最適に活かすために、イノベーションおよびテクノロジーにおけるリーダーシップを発展させることに集中しています。それに際して、当グループは組織構造のさらなる効率化を図っています。KUKA戦略の目標は、成長市場においてロボットベースの自動化ソリューションの先導的な提供者になることです。その際に重要であるのは、採算性のある成長と企業価値の向上による持続可能な企業の成功です。

KUKAはロボットベースのオートメーションのトレンドを創出します。未来を変えるトレンド。

KUKAは、絶えず定義し直される、ダイナミックでイノベーションに牽引される市場環境の中で活動しています。生産がますますデジタル化され、従業員と機械の共同ネットワーク化が進むにつれて、労働環境は根本的に変わっていくことになります。これに関してロボットは、人間中心の未来の工場のための決定的なコンポーネントです。

ロボットベースのオートメーションはメガトレンドの一つです。グローバルトレンドをうまく利用し、自社ノウハウを最適に活かすために、当グループはイノベーションおよびテクノロジーにおけるリーダーシップを発展させることに集中しています。それに際し、グローバルな成長市場に目を向けて、組織構造のさらなる効率化を図っています。

イノベーションおよびテクノロジーにおけるリーダーシップの発展

KUKAは自動化におけるイノベーションに尽力しています。KUKAはヨーロッパ屈指の産業用ロボットおよび自動化生産ソリューションの提供者として、その製品で直接第四次産業革命 ー インダストリー4.0 ー に参画しています。生産現場の作業者のニーズを考慮した未来志向の自動化コンセプトを生み出せるのは、高性能で効率的かつフレキシブルな、そして何より安全な生産システムをおいて他にありません。

KUKAは現在すでに、インダストリー4.0の実現のための重要なピースとなっています:

  • 人とロボットの協調(HRC)のための安全なロボットシステム
  • 統合ナビゲーションを持つモビリティ
  • IT世界への接続のためのモジュール式制御システム

その他にも、KUKAはお客様やパートナーと共にインダストリー4.0の実現と利用に関するビジネスモデルの開発に携わっています。
高感度の移動型ロボットシステムにより、生産現場に全く新しい可能性が生まれます。

新たなマーケットおよび地域に向けた事業の多様化

KUKAは自動車産業において市場をリードしています。自動車産業以外でのさらなる成長のチャンスは一般産業の市場にあります。

KUKAがターゲットにするイーコマース、消費財またはエレクトロニクスなどの一般産業市場には、特に大きな成長および収益のポテンシャルがあります。

KUKAはその戦略において、新たなマーケットの開拓に重点を置いています。当社は特にアジアや北米の急成長している国々において、地域的な成長のチャンスを掴もうとしています。それに際して、ヨーロッパで成功した戦略をこれらのマーケットに広げる予定です。

Vor allem in Märkten wie E-Commerce, Consumer Goods und Electronics ergeben sich Wachstumschancen.
KUKAはその戦略において、新たなマーケットおよび地域の開拓に重点を置いています。

持続可能で効率的なコスト構造の継続的な構築 

数年前からKUKAは、持続可能な効率改善プログラムの枠内で内部のプロセスを検証しています。その際に重要であるのは、企業組織の効率性、顧客ニーズに合わせた製品とプロセスの持続可能な方向性および品質と効率に基づいた、採算性のある成長です。
採算性のある成長を促すために、さまざまな措置がオペレーショナルエクセレンスの分野で進められています。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK