KUKAのサステナビリティ

サステナビリティはKUKAの企業文化に根付いています。未来志向の企業として、弊社はすべての分野において持続可能性に向けて尽力しています。これは人々のためであり、弊社の製品およびサービスの品質のためです。また、弊社が社会と環境に対して責任を負っているからでもあります。

あらゆる分野におけるサステナビリティ

KUKAにおいてサステナビリティが意味するのは、環境および資源保護のための責任を自覚した企業活動です。弊社は従業員、お客様、出資者、社会および環境に対して責任を負っています。このため、弊社は継続的で持続可能な発展をしていくよう努力しています。弊社は以下の分野でサステナビリティのために尽力しています:

  • 社会福祉
  • エネルギー、環境、資源
  • 経済

社会的なサステナビリティ:従業員と社会のために

従業員の健康は弊社にとって最も価値のあるものです。弊社はフレキシブルで健康的な労働環境を作ろうとしています。それには家族と仕事のバランスも含まれています。そのため、弊社は持続性のある人事政策を採り、フレックスタイム制や在宅勤務あるいはオレンジケア託児所などを提供することによりワークライフバランスを推進しています。

公益団体Orange Care e.V.(オレンジケア協会)を2012年に設立することで、社内だけでなく社会的な貢献もしています。この団体ではKUKA従業員が社会環境に関与して、支援の必要な人々を寄付金でサポートしています。

KUKA従業員は定期的に集まって一緒にスポーツをします。

社会的分野の管理システムおよび認証

持続可能な発展とKUKA従業員の健康を守るために、弊社は例えば工事現場における従業員の安全を保証するための品質管理システムを導入しています。それには徹底した健康管理も含まれています。弊社の現在の認証:

  • OHRIS(労働衛生リスク管理システム):
    ドイツ・バイエルン州産業監督局および経済界の労働保護管理システムは、職場における労働者の安全と健康を改善し、経済性向上を実現するためにあります。OHRISは、労働者自身が労働環境の安全と健康保護に積極的に取り組むことを目指しています。
  • OHSAS 18001(労働衛生安全評価シリーズ):
    このイギリスの規格は労働保護に関する管理システム認証の基礎となっています。OHSAS 18001は事業所内の安全と健康に関する危険やリスクに取り組んでいます。
  • CHAS(契約者衛生安全評価スキーム):
    健康および安全認証システムCHASは建設業向けの認証です。これは依頼主および請負業者に適用され、企業の健康および安全に関する能力を評価するものです。
  • berufundfamilie(職業と家族):
    この認証は家族の事情やそれぞれのライフステージが考慮されるように職場環境を整備することを目標としています。これにより、従業員の生活の質および企業効率が向上すると見られています。

環境保護のサステナビリティ:エネルギーおよび資源効率

人口が増え続ける一方、資源はますます枯渇していきます。KUKAにとっては、資源を大切に扱うこととエネルギー効率の良いプロセスが特に重要であり、それがCO2排出量の削減につながります。このため、弊社はグリーンテクノロジーおよびエネルギー効率の良い産業用ロボットKR QUANTECなどの製品によるプラント建設におけるエネルギー効率に力を入れています。

環境保護のサステナビリティには、アウクスブルクの拠点における地域熱供給への転換も貢献しています。これによって弊社のCO2排出量を18パーセント削減することができました。弊社はさらに、アウクスブルクで年間約35,000キロワット時の太陽光電力を生産しています。この拠点ではあらゆる新築、拡張あるいは近代化ですでに革新的な環境コンセプトを実現しており、法の定める要件を上回るほどです。

それに加えて、弊社は資源の効率的な取扱いを重視して、サステナビリティを考慮して製品を廃棄あるいは再利用していこうとしています。そのため、弊社はお客様にリツーリングサービスを提供しています。

環境保護分野の管理システムおよび認証

弊社は環境管理システムやエネルギー管理システムを使って、事業活動、製品およびサービスの種類、範囲、影響が適正であるように管理しています。このため、弊社は継続的に管理システム改善に取り組み、環境汚染を回避しています。この分野における弊社のサステナビリティ関連認証:

  • ISO 14001:国際規格ISO 14001では環境管理システムへの要件が定められています。その中心にあるのは継続的な改善プロセスです。ISO 14001は、特にエコバランス、環境指標および環境パフォーマンス評価などに関わる規格ファミリーに属しています。
  • ISO50001:この国際的に認められた規格は、エネルギー効率およびCO2排出量に関する体系的なエネルギー管理の構築を支援します。KUKAはISO 50001規格によるエネルギー管理システムの認証を2016年に計画しています。
  • VDA 6.4:KUKAは主な事業所でVDA 6.4認証を受けています。この規格は自動車産業の下請け業者向けのもので、TÜV(ドイツ技術監査協会)によって広められたものです。

経済的なサステナビリティ:長期的に考え、責任感を持って行動する

KUKAは持続可能な経済活動の原則に準じています。弊社は長期的に計画し、未来のテーマを推進し、問題を根本から解決します。

このため、KUKAはサステナビリティ・イニシアチブであるBlue Competenceの会員となっています。このイニシアチブは、エネルギー効率、生産工程の最適化およびリサイクリングの分野におけるドイツの機械製造とプラント建設の進歩を世間に公表するためのものです。

それに加えてKUKAは共同プロジェクト「エネルギーおよび資源効率の良い車体製造」にも参画しています。これによって、自動車の生産技術がよりエネルギーと資源を節約できるものになることを目指しています。

経済的分野の管理システムおよび認証

持続的に経済活動を行うために、弊社は定評のある品質管理システムにも力を入れています。この分野における弊社の認証は主に以下のものです:

  • AEO(認定された経済事業者):この認証制度は、国際的なサプライチェーンの安全性が信頼できることを確認するためのものです。
  • ISO9001:この規格ファミリーは品質管理システムを扱い、国内外のレベルにおける相互理解に貢献するものです。
  • VDA6 パート4:自動車メーカー下請け業者であるKUKAは、独立した基準であるVDA6 パート4の認証も受けています。この規格は、ISO/TS 16949による認証が現在可能ではない分野で自動車産業特有の要件が満たされていることを証明できるようにします。
  • ISO/TS 16949:この基準では、システムとプロセスの質および顧客満足度の改善を目的にしています。その中心にあるのはエラーの発見であり、単なるエラー回避ではありません。
  • EN/AS9100:この国際的に認められた基準は、航空宇宙産業のための品質管理システムとして機能します。EN/AS9100はISO90001認証に基づいています。
  • ISO13485:医療業界にも定められた品質管理システムが存在します。そのための認証であるISO13485は、医療製品のデザインと製造に関する要件を定義しています。
  • ISO3834:溶接のプロであるKUKAにとってはこの規格も重要です。これは溶融溶接部品および構造物のメーカーに対する品質要件を定めています。
  • Known Consignor既知の荷送人):このステータスで、弊社は安全な貨物空輸を行う企業であることを証明できます。

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK