統制管理

KUKAグループ内の管理システムでは、業績指標などの透明性を確保しています。KUKAの財務目標や統制管理についての詳細はこちらをご覧ください。

企業経営の目的

持続可能な企業価値の上昇がKUKAグループ戦略の目標です。KUKAグループが掲げる財務目標値は、当社の市場の変化への適応と企業価値に影響を与えている主要業績評価指標を表しています。

統制管理のための財務目標値

EBIT、ROCE、フリーキャッシュフローなどの目標値は、グループ全体でもロボティクス部門、システムズ部門、スイスログ部門の各事業部門でも算出します:

  • EBIT(支払金利前税引前利益)から当社は売上利益率を確定します。この営業利益の売上高に対する割合を求めます。これによってEBITマージンが求められます。
  • ROCE(使用資本利益率)では投入された資本の利益率を求めます。そのためにEBITの使用資本に対する割合を求めます。
  • 純現金収支フリーキャッシュフローは営業および投資活動による現金収入の残高です。この目標値は、投資がキャッシュフローから行われるかどうか、そしてどれだけの現金が配当金支払いや債務返済のために使用可能かを示します。

事業発展と受注残

事業発展のための重要な先行指標は受注数です。当社は受注数を事業分野および地域ごとに集計します。同時に受注残は今後数ヵ月のキャパシティ稼働率の指標でもあります。

すべての指標は統制管理の中で内部報告システムを通じて継続的に追跡され、検討されます。計画との差異はマネジメントによって分析されます。必要に応じて、目標値達成を確実にするための措置が取り決められます

弊社はオンラインでも最善のサービスを提供するためにCookieを利用しています。詳細はこちらをご覧ください

OK